スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前のこと その② 2011年12月一時帰国中

 

一時帰国は実質17日間だった。

 

帰国後間もなく来客を予定していたので

まずは部屋の掃除や整理・整頓に取り組む。

「こんなにも要らないものがあるんだ」

とうんざりするくらいゴミが出た。

 

バックパックで旅をしていると、

基本的に必要なものしか持たない、

というより重いから持ちたくない。

その習慣から、

いかに自宅には要らない物だらけなんだろう

と思ってはいたが、あんなにもあるとは。

 

まだ整理しなくてはならないものがあるので

それは次回の帰国時に、と思っている。

 

 

旅に出る前までは

人と会って食事をすることは「時々ある」

という頻度だったので、この一時帰国中には

自分でも驚くほど沢山の人と食事をした。

 

 

一時帰国と知って師走でお忙しいはずなのに

どうにか日時を調整して会って下さる方も多く。

どの方も久々の帰国と再会を喜んで下さり、

純粋に、毎日本当に楽しかった。

「モテ期の到来」と勘違いするほどに。

 

12月にお時間作って会って下さったみなさま、

お忙しいところ有難うございました。

 

退職してもなお食事会に誘って下さる

前職場の女性陣のみなさま

 

 

 

「ご馳走様でした!楽しかったです!」

 

 

 

 

今やネット環境さえあれば

いつでもどこからでも

簡単に自分の安否を伝えられる。

そのため自分にとっては旅行中に

「日本からそんなに遠くにいる」

という感じはしなかった。

が、

それでも家族は非常に心配するもの。

家族に元気な姿を見せてあげられ、

ほっとしていた様子を見て、

一時帰国して本当に良かったと思った。

 

 

1229

羽田から出発する直前の夕食は、

品川駅近くで兄にご馳走になった。

私の記憶が確かならば(懐かしい表現)

2人で外食することは初めてだったので

新鮮だった。

 

「ご馳走様でした!では、ちょっくら

『長旅卒業旅行』へ行ってきまーす。」

(しかし羽田発は近くて楽でいいね~。)

 

 

スポンサーサイト

少し前のこと その① 2011年11~12月上旬

 

20111212

この日に本帰国するつもりだった。

それなのにまだこうして旅をしている経緯を少し。

 

10月末~11月初め メキシコにて帰国を決意

日本に呼ばれている気がしたし、

「もう旅を終えてもいい」

そう思えるタイミングだった。

 

メキシコを旅しながら日本行きの航空券を

ネットで緊張しながら探しまくり、

やっと購入したのは115日。

 

11月下旬 メキシコシティにて

旅先で知り合った方々などを中心に

帰国する旨を伝えるメールを送ったりし、

本帰国に向けて自分なりに心の準備をした。

 

 

12月上旬 米国ロサンゼルスにて

「まだ帰る時期じゃない」とハっと思う。

 

そして

11日にロスからのフライトで成田へ飛ぶという

まさに帰国直前の129日昼

1230日羽田発バンコク行きの航空券を購入

 

(この決断に親は呆れて何も言えなかった様子)

 

年末にバンコク行きを決めた理由は

①リマで知り合った友人Cちゃんと年明けから

ミャンマーとバングラデシュへ一緒に行くため。

 

②2年前に訪問できなかったカンボジアと

ベトナムを訪れるため。

 

③花粉症が辛い3~4月に日本にいたくない。

 

ただそれだけ。

 

そういうわけで、

20111212日 成田に一時帰国(2度目)

 

 

メキシコ旅行の後半をご一緒させてもらった

Yさんとは同じフライトで帰国した。

 

 

成田で出迎えて下さった南米の旅友Hさん

わざわざお出迎え、本当に有難うございました。

 

 

 

20時頃に母が最寄り駅まで車で迎えに来てくれ、

1年9ヶ月に及ぶ長旅シーズン2は無事終了

 

翌朝帰国してから初めて口にした食べ物は、

大好物のひじきの煮付け。

 

 

やはりおふくろの味が一番だね。

 

 

周囲のリアクション

3月15日()

この3週間の一時帰国中には、

どうにか予定を合わせて下さった皆様のおかげで

多くの方々とお会いできました。

楽しいひとときを、本当にありがとうございました。

 

残念ながらお会いできなかった皆様へ

再会した方々からのコメントをご紹介します。

「思っていたより日に焼けてないね」

→11~12月頃まではかなり焼けていましたけどね。

「ドレッドヘアになっていたらどうしようかと思った」

→さすがにそれは挑戦しようと思いません()

(服装も雰囲気も)あまり変わってないね」

→髪形は同じで、持っていた服しか着ていませんしね。

 

長期旅行者の中には、パスポート写真とは別人のように

容姿が変わった方もいました。

だから私もそんな変化を期待されていたのかな・・・?

そんなご期待には添えず、すみません。

たぶん私はこれからも大きな見た目の変化はないだろう

と思っていますので。

 

いつかどこかでお会いするのを楽しみにしております。

もしお近くにお越しの際は、お早目にご連絡下さい。

ぜひ現地でお会いしましょう。

待ち遠しい(?)春

 3月14日()

暖かくなってくると、花粉症が非常に辛い。

「この時期だけでもどこかへ移住したい」と

毎年思うほどだ。

「でも今シーズンは日本を脱出して回避できる」

と思っていたが、それもちょっと複雑。

16日に北欧のノルウェーに発つのだが、

あちらはまだ最高気温でさえ氷点下の冬。

おかげで荷物をなるべく小さくしようにも、

冬物だと何かとかさばってしまう。

冬の気候に順応できるかも気になるところだ。

 

ところでなぜ今わざわざその寒いノルウェーに

行くかのか?というと、

20日()にある結婚式にご招待されたから。

ご結婚されるのは、高校時代に1年間ボランティアで

ホストファミリーをして下さったお宅の娘さん。

家族の結婚式に呼ばれたなら、そりゃ行かねば。

偶然にも私が仕事を辞めて旅をしている期間に

結婚式があるから、行くことにしたのだ。

 

「ノルウェーにまで行くのならば、そのついでに

ヨーロッパ旅行もしないと飛行機代がもったいない」

そういうわけで、ひとまずノルウェーに行き、

ホストファミリーと約9年ぶりに再会し、

結婚式に出席して、しばらく滞在させてもらい、

その後ヨーロッパを巡ってまいります。

逆カルチャーショック

 

2月21日

昨日の午前中に5ヶ月ぶりに自宅に戻って来た。

住み慣れた日本、そして我が家に戻ることでも、

予想していた以上に衝撃の連続。

例えば

     トイレに(質の良い)紙があり、それを流せる。

さらに言えば便座が温かい!

     幅広い食生活

     風呂=湯船に浸かれる

     停電がなく、いつでも電気が使える

     手で洗濯しなくてもよく、他に着る服がある

 

今までは当たり前のように生活していた環境なのに

ほんの数ヶ月違うところにいただけで、こんなことが

とてもありがたく感じる。日本は便利なところだ。

 

実家に着いてから初めて飲んだ飲み物は、緑茶

初めて食べたものは、

自家製あんこと姉の家から送られてきた自家製のお餅

こてこての和風()

 

たぶんこのまま旅の延長のような気分で日本滞在をし、

別の場所へ発つんじゃないだろうか。

 

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。