スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極上陸船7日目 最後の上陸

 

Deception島に上陸後、

見晴らしが良いところまで歩いて行った。

 

 

反対の海側への転落注意!!

 

 

ジェンツーペンギンばかり見てきたので

1羽だけいたアデリーペンギンが新鮮に見える。

 

 

ここで見られたカワイイ動物はこちら!!

気持ち良さそうな寝顔

 

 

あ、起こしちゃった? ごめんね。

 

 

 

午後はHalf Moon島へ

 

ここにはヒゲペンギンの営巣地があった。

 

 

卵を抱える親が多くいた中、

 

 

生後2~4日のヒナを見ることができた!!

 

 

皇帝ペンギンと王様ペンギン以外のペンギンは

卵を2つ産むそうだ。

 

このエリアには偶然1羽だけいたマカロニペンギン

限界の望遠で撮ったのでぼやけておりますが。

 

 

17時過ぎ、最後の上陸から船へ戻る。

 

 

12月では子育ての時期としては早過ぎて

見られないと思っていたヒナが見られたし、

やっぱり上陸船で来た甲斐があったなぁ。

 

 

南極上陸船8~10日目 ウシュアイアへ

 

7日目の夕食時から船の揺れが激しくなり始め、

ほとんどの時間をキャビンのベッド上で過ごす。

8日目、9日目はレクチャーなどがあったのだが、

とても参加する意欲が沸かず、自主的な寝たきり。

この船旅のおかげでどれだけ運動不足になったか。

 

 

南極上陸船10日目 ウシュアイアに帰港


12月29日朝8時半 朝食後に下船

 

この日の夕方からまた出航するというのだから

クルーたちは本当にタフだなぁ・・・。

 

3020kmに及ぶ素晴らしい南極クルーズを
本当にありがとう!

Expedition LeaderTroels

 

 

スポンサーサイト

南極上陸船6日目 イギリスの基地へ

 

12月25日 Goudier島に降り立つ。



今日も上陸した場所にはいつもの
ジェンツーペンギンの営巣地が。

 

そろそろ他の種類のペンギンが見たいね・・・

 

と思っていたら

ペンギンによく似た鳥の巣もあった。

 

 

隣の島にはイギリスの基地Port Lockroy

 

 

ここで1枚1USDの切手を6枚購入し、

 

 

絵葉書6枚をポストへ。無事に届きますように。

 

 

午後はパラダイス・ベイでゴムボートクルーズ

 

 

色々な形の氷山があちこちに

 

 

中央右側にゴムボート

氷河の大きさと比較できるように撮影したつもり

 

 

そしてクリスマスの今夜の夕食は・・・




 


 

PLANCIUSはオランダ船籍だけれども掃除や

ウェイターやウェイトレスにはフィリピン人が多い。

クリスマスの今夜は

フィリピン人スタッフらが歌を披露してくれた。

みなさん明るくて親切で、いつも感じが良かった。

 

南極上陸船5日目 クリスマスイブ

 

6時半

400kmたらずの細長いルーメア海峡の景色が

素晴らしいとのことで、館内放送で起こされる。

 

 

7時頃、デッキで眺めたルーメア海峡の風景

 

 

 

 


 

9時からはピーターマン島へ上陸予定だったが、

海面が氷に覆われているため予定変更

 

 

 

上陸の代わりにゴムボートでのクルーズとなった。

 

 

天気が良く、反射する光がとても眩しかった。

この日の夕方、目が充血していたのに気付き

サングラスを持たずに来たことを後悔したほど。

 

 

 

 

午後、上陸した場所はダンコ島

本日訪れた場所は南緯64°58分、西経63°44

このクルーズの中で最も南へ行ったのは
この日だったようだ。



ここにもジェンツーペンギンの群れ



残念ながら写真ではお伝えできないけれども、

ペンギンらはとてもかわいいけれども

実は営巣地近くはかなり糞尿臭い。

行ってみて分かった新事実であった。

 

 

 

さて今日はクリスマスイブ!

そのためテーブルセッティングが豪華だった。

 

 

 


デザートビュッフェの様子

 

 

夜中にはクリスマスプレゼントとして

来年の卓上カレンダーがキャビンのドアの下から

そっと差し込まれた。粋なはからいですな。


Gracias.

 

 

南極上陸船4日目 初上陸!

 

12月23日 いよいよ上陸の日を迎える。

 

9時 Cuverville Islandへ向かう

防寒具やライフジャケットを身に付け、

ゴム長靴を履き、ゾディアックというエンジン付き

ゴムボートに10人くらいずつ乗船していく。

 

 

そして着いたところにはペンギンのコロニーが!

 

 

この島ではジェンツーペンギンが生息している。

 

 

 

 

ペンギンハイウェイと呼ばれるペンギンの通路を

よちよち歩くペンギンたちのかわいいこと!

 

 

昼前には船内に戻ってお昼ごはんをとり
 

15時 南極大陸へ初上陸!

 

 

遠目にアザラシを発見

 

 

雪の中を歩いて移動

 

 

まるで浜辺で誰かを待ち続けるように
立ち止まっていたジェンツーペンギン

 

 

ここでは遊泳()の許可が下りたので

海水浴に挑戦する外国人らもいた。

 

 

氷が浮かんでいる海に入るなんて・・・

 

二度と南極の海で泳ぐチャンスはなくとも、

自分にはできなかった。

 

2010年12月23日

念願の南極大陸に上陸できただけで十分!

 

 

 

南極上陸船2日目・3日目 ドレーク海峡

 

21日と22日はドレーク海峡を渡っていた。

 

窓に打ち付ける波。

海面と空が交互に見える風景。

まっすぐ歩くこともできないような

激しい船の揺れをご想像下さい。

 

 

21日の日中は

南極や動物についてのレクチャーがあったのだが、

酔い止めを服用しつつも気分不快のため

食事のとき以外はほとんどベッド上で過ごす。

 

船内を歩こうとするだけで酔いそうな感じがして

とても動き回る気になれなかったのだ。

 

22日の午後には

南極上陸時に着用するゴム長靴の貸し出しと

上陸時の注意事項の説明があった。

 

この2日間、離床時間は最低限に留めていた。

 

おかげでどうにかドレーク海峡を無事越えられた。

 

 

23日9時、いよいよ上陸だ!

 

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。