スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨物船に乗船するまで

 

エクアドル最後の地、ヌエバ・ロカフェルテ。

 

国境の町、

というよりもちょっと大きめの集落といった印象。

 

 

国境を接しているところは

ピリピリした空気が流れているのかと思いきや、

のどかなところだった。

 

 

ペルーのパントハから20日に出航するという

情報を得て、その貨物船の出航に合わせて、

前日にエクアドルを離れることにした。

 

余談だが

パントハに実際に行ってみて感じたことだが、

仮に貨物船の出航待ちをするならば、
パントハよりも
ヌエバ・ロカフェルテの方が
滞在しやすそうだ。

 

安宿のは少なくとも2件はあり、1泊6ドル
わりと快適だった。

食事は1食2.50ドルでとれる食堂があるし、

小さな商店でパンや生活用品は手に入るし、

「パントハ行きの船、うちのに乗らないか?」

という勧誘が多いけれども、

我々観光客に対しては親切な人が多かったと思う。

 

 

パントハへ向かう前に

貨物船上で飲む飲料水6Lボトル×2本を購入。

ヌエバ・ロカフェルテでは2ドルで購入可能

 

 

パントハでは大きな水ボトルは売っておらず、

また水は高価であると聞いたのでここで購入した。

 

 

5月19日 肝心のエクアドル出国日だが、

夜明け前の4時くらいから土砂降り。

 

貨物船の情報を詳しく教えてくれた

ファン・カルロスに頼んで

一緒に国境を越える4人で手配したボート(50ドル)
の出発時間は6時。

 

しばらく雨が止むのを待っても、止まない。

 

 

9時前 ファン・カルロスが

「まだ降ってるけど、行こう」とのこと。

 

 

私の荷物だけでも

大きいバックパック 約17kg

貴重品などが入ったサブバッグ 約7kg

食料品バッグ 約3kg

水6L×2本 12kg

合計約40kg

 

 

雨の中、ボートというよりも

木製のカヌーにみんなで積み込む。

旅人4人分のたくさんの荷物を小さなカヌーに。

 

このカヌーには、当然屋根はない。

 

みんなの荷物は大きなビニール袋で覆い

濡れないようにしたものの、

乗る人はずぶ濡れになること間違いない。

 

 

防水のデジカメを持っているので、

この光景を撮影するのは可能だった。

 

が、

とてもじゃないけど撮影する気になれないくらい

「えー・・・こんな雨の中、濡れながら国境を

越えるの・・・? 2時間かかるんだっけ・・・?」

とテンションが下がっていた。

 

ここは晴れれば太陽がジリジリ照りつける。

暑さ対策のための早朝出発だったのだろうか。

でも、雨が降れば気温は下がるし、雨は冷たい。

 

我々はエンジン付カヌーの上に黙って座り、

濡れながらじっとペルー国境を目指すしかなく。

「冷たい。早く着いて・・・」と願いつつ。

 

 

時計を見ていないので正確な移動時間は不明だが、

パントハまで1時間もかからなかったと思う。

 

 

雨の中、またぬかるんだ泥岸から上陸して

手分けしてみんなの荷物を運び出す。

 

 

昨日までは気さくに話していた
ファン・カルロスだが、

パントハに着いて貨物船上のどこにハンモックを

吊ればいいのかを軽く教えてくれただけで、

サラーっと帰って行ってしまった。

 

「なんだ、案外冷たい男だったな。

やはりボートで小遣い稼ぎしたかっただけか?」

 

 

ほぼ全身濡れた日本人の旅人3名の口数は少ない。

 

「晴れた昨日のうちにペルーに来ておけば良かった」

そう思っていても言葉にしないようにしていた様子。

 

また、

「そもそもこんなルートでイキトスを

目指さなければ良かった」

と思っていた人もいるかもしれない。

 

S輔さんもR介君も、カノアで再会したときに

私とS二君がイキトス行きを誘わなければ、

こんなとこまで来る予定はなかったのだから。

 

私は自分でこのルートを調べて

ある程度ハードな船旅になることは想像していた。

だからこの2人には申し訳ない気がしていた。

 

 

貨物船は翌朝出航すると聞いていたが、

前日からはタダで船上に泊まれるとのこと。

 

といっても自分でハンモックを吊るして

勝手に船に滞在させてもらうだけなのだが。

 

船着場の前には宿が1件あったが、

中を見学してみたがそれほど快適そうにも見えず。

「船で前泊するので、いいよね」と3人で合意。

 

 

イミグレーションの建物はなく、

食堂の一角でおじさんが出入国管理をしていた。

 

無事にペルーの入国手続きを済ませ、

雨が止むのを待ってから

3人で代わる代わる貨物船に荷物を移動させた。

 

そしてこれからの船上生活の中心となる

ハンモックをセット。

 

 

朝からずぶ濡れになり、

ペルー側のイミグレーション兼食堂で蚊なのか

サンドフライなのかに刺されまくった上に

ボロい貨物船で前泊することになった我々は、

長い船旅を前に既に精神的にもやや疲れていた。

 

この日、食事を取りに出る以外は静かに過ごす。

 

船上で、人生で初めてのハンモックでのお泊り。

 

両腕にやられた虫刺されが痒くて掻き毟りながら、

肌寒くて凍えながらハンモックで眠ったあの夜を

忘れることはあるまい。

 

 

スポンサーサイト

エクアドルからペルーのイキトスへの道

 

マイナーなルートのため情報が不十分なまま

「とりあえず行ってみるしかない」

と始まったエクアドルからイキトスへの旅。

 

エクアドルのカノアで再会したS輔さんと

R介君と、コカからエクアドル・ペルー国境の

ヌエバ・ロカフェルテを目指す。

 

 

コカ→ヌエバ・ロカフェルテの船

ロンプラのweb上の情報によれば月・木発だが、

実際は船の運行スケジュールは、曖昧だった。

 

しかしコカの船着場には町の規模からしては立派な

ツーリストインフォメーションがあり、

なんと英語が話せるスタッフもいた。

 

船着場でもヌエバ・ロカフェルテ行きの船情報は

現地の人から得られたのだが、どうも怪しい。

自分のスペイン語能力が低いだけに、余計に。

 

インフォメーションのスタッフによれば、

我々がコカに到着した翌日の5月17日()

ヌエバ・ロカフェルテ行きの船が出るとのこと。

料金は事前情報どおり1人15ドル

エクアドルのバス代などに比べると割高だ。

 

さらに、

今週末にペルーのパントハからイキトスへの

貨物船があるとか。

貨物船は月2~3便しかないらしいのだが、

 

それならナイスタイミング!!

 

結局のところ

貨物船が本当に週末に出るのかどうかは

ヌエバ・ロカフェルテに行ってみないと

確実な情報は得られないと思っていたが、

それでも知ることができてだいぶほっとした。

 

翌日出発することになったコカでは

貨物船で必要になるであろう物資の調達をした。

 

     ロープ

貨物船でハンモックを吊るため 2m弱を2本

     食材

船内で提供されるご飯は不味いものもあるそうだ。

パンや果物などを少し購入

 

そして翌朝5月17日 朝7時に船着場へ

 

既に乗客で一杯のボートを見て

「これじゃ沈没しそう・・・」と不安になる。

 

 

エクアドルのポリスもさすがにこの乗船数を見て

危険だと判断したのか、大半の客を降ろして

船のオーナーの手書きのちゃちな乗船リストを

読み上げ、乗客数を確認し始めた。

 

それによって乗客数が減ったとは思えないが

おかげで我々3名は乗船できたのだが、

 

 

大勢の客と荷物でパンパンのボート

 

もちろん、外国人観光客はうちらだけ

 

 

水面ギリギリを走るため、

沈没しないかどうかしばらく不安だった。

 

そしてボートの前の方は水しぶきがかかるので、

大きなビニールを広げて濡れないように乗船した。

 

 

ボートは揺れるし、座り心地はあまりよくない。

それでも少し居眠りして移動すること数時間

 

 

とある集落でお昼ご飯休憩 1食2.50ドル

 

本当はスープ付きなのだが売れ切れのためもらえず。

それでもボリュームは十分だった。

 

 

短い昼食休憩後、すぐまた船で移動

 

 

大半の乗客は途中の集落で少しずつ降り、

 

 

ヌエバ・ロカフェルテまで乗船していたのは

我々日本人3名と、地元民など10名くらい。

 

朝8時前にコカを出発し、

ヌエバ・ロカフェルテに着いたのは18時前

所要10時間くらい。

 

「あー、やっと着いた着いた。」

 

 

ナポ川下り第1弾は、エンジン付きのボート旅。

 

しかしイキトスへの本当の船旅はこれからだ。

 

 

只今イキトスへ移動中

 

・・・のはず。

 

アマゾン河に行ってこそ南米旅のハイライト!

と思い、いつか行ってみようかと思っていた。

 

例えばペルーのリマからイキトスまで飛び、

イキトスからブラジルのマナウスまでの船旅

 

もしくはマナウスからアマゾン河の河口の

べレンまでの船旅

 

いずれかのルートで河を下るか上るか、

が主なルートなのだが。

 

 

4月下旬にペルーのリマからエクアドルへ北上し

先にエクアドル観光を済ませると決意したため、

「またペルー北部まで南下してからイキトスに

向かうのは来た道を戻るようで避けたい・・・。」

 

一緒にアマゾン河に行こうとしていた

友人のS二君らが調べたところ、

キトからもイキトスを目指す方法はあるらしい。

実際、ネットで検索することができた。

 

エクアドルを流れるナポ川を下ってイキトスへ行く

というものなのだが、

それはマイナー過ぎて情報が非常に少ない。

 

キトのツーリストインフォメーションに行っても

「そんな手段は聞いたことがない」

「そこの国境は閉まっている」

と言われる。

 

大手の旅行会社を訪ねてみても

「そのルートで行くなんて」と驚かれる。

 

だがその旅行会社のスタッフは非常に親切で

「別の旅行会社ならその方面へのツアーを

唯一アレンジしているから行ってみて」

と翌日メールで知らせてくれた。

 

 

結局、ツーリストインフォや旅行会社が持っている

情報というのは、メジャーなルートしかなく。

ローカルな交通手段まで知っているはずがない。

 

「やっぱり現地へ行ってみないと詳細は
 わかんないね。
とりあえず行ってみよう!」

 

そういうわけで

これまでそのルートを通った旅人がネット上で

残してくれた僅かな情報を手に、日本人3~4名で

以下のルートでイキトスを目指しているところ。

 

 

①コカ→ヌエバ・ロカフェルテ 12Hの船旅

月・木の定期船らしい。

 

②ヌエバ・ロカフェルテ→ペルーのパントハ
2Hの船旅 
船1台をチャーターするらしい。

 

③パントハ→イキトス 水量により57日間の船旅

月3回程度ある不定期のパントハ~イキトス間の

貨物船に乗せてもらうことができるらしい。

 

肝心なのは③のパントハ→イキトスへの船で、

いつパントハを出発できるだろうか。

 

船上ではハンモックで寝泊りするそうなので、

キトの先住民の市場でハンモックを9ドルで購入

 

 

さー、いつ「イキトスに着いた!」と

Twitterでつぶやけるだろうか。

5月25日くらいに着けたらいいんだけど・・・。

 

 

しばらくネット環境がないために

メールの返信が遅れますが、どうかご了承下さい。

 

(5月13日 キトにてブログを予約更新)

 

赤道記念碑

エクアドルの首都キトから北へ22kmほどの

場所に赤道があるそうだ。

 

キトに来たら、多くの人が訪れる場所だろう。

 

キトでの目的は情報収集がメインだったが

「赤道記念碑くらい行っておかないと」

S二君とR介君と共に出かける。

 

 

赤道記念碑の前には中央線が走っているが、

実際の赤道とは少し異なるそうだ。

 

 

じゃあ本物はどこなんじゃい?

 

辺りをうろつくも、見当たらず。

 

 

赤道記念碑に3ドル払って入館するも、

赤道直下独特の実験ができる場所もなく。

上から眺めてみた景色

 

 

あー、南北のラインが先まで引かれてるのね。

じゃあこのライン上に実験場所があるのでは?

 

 

そして降りてきてようやく見つけたのが、コレ。

 

 

赤道では卵が簡単に立つんだとさ。

地球の遠心力の影響で重力が南北均等に

はたらくためだそうだが。

 

 

それにしても赤道記念碑周辺の

土産物屋や展示館は寂れていた。

立派な赤道記念碑を建てたわりには偽の赤道だし、

日本にあったら「税金の無駄遣い!」って

指摘されること間違いなし。

 

それがまたエクアドルらしくて面白かったかも。

 

 

エクアドルのカノアにて

 

エクアドル沿岸にある小さな町カノアに

2月下旬からサーフィンをするために

滞在している友人が3人いた。

サーフィン歴?年のS司君

2月に始めたばかりのS輔さんとR介君

 

なるべく早く会いに行こうと思っていたが

なかなか行けず、やっと着いたのは5月4日。

 

サーフィンシーズンはそろそろ終わりだという。

それでも体調や波の具合が良ければ海に出て

サーフィンをするビーチボーイズたち。

 

 

「サーフィン、やんないの?」

滞在中、何度もそう誘われるわけで。

 

「・・・。そだね、せっかくだしね。」

 

スノーボードといい、サーフィンといい、どうも

1枚の板の上で動くスポーツに苦手意識があるが、

ビーチボーイズらの勧誘にのってみることに。

ここでやらなかったら、きっとやる機会ないし。

 

5月7日 人生初のサーフィンに挑戦

 

自分の身長の1.5倍はあるであろう

ロングボードは浮力が大きいので

ビギナー向けだそうだ。

 

 

S司先生に押し寄せてくる波に合わせて

ボードを押してもらい

「波に乗ったらすぐ立つ!」

 

 

ということだけなのだが、それができない。

 

 

何度やっても、できない。

(写真はいずれもS二君が撮影)

 

 

「こんなにセンスがないスポーツ、

今まであっただろうか・・・?」

 

 

パドリングして沖に向かう途中に

ボードごと何度も波にもまれるわ

海水が鼻に入って痛むわ

髪ゴムは紛失するわ

 

 

「きついっす!!」

 

普段は使わない上肢・体幹の筋が

すぐ疲労していくが分かる。

 

もちろん翌日は筋肉痛(+)
でも続ければ鍛えられるだろうな。

 

5月8日

1度はボードの上に立てるようにと

根気よく指導してくれたS司先生のおかげで

どうにかボード上で立位を保てた。

・・・といっても2~3秒

 

サーフィンて、想像以上に大変ですわ。

 

 

あたたかく応援・ご指導して下さった

S司先生、S輔さん、S介君、

撮影してくれたS二君、

ありがとうございました。

 

 

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。