スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ人の小遣いの稼ぎ方(?) レストラン編

 

通貨はCUP(人民ペソ)CUC(兌換ペソ )が存在する。

人民ペソ払いのものは、価格が非常に安い。

例えばバスの運賃0.40CUP(約1.32円)

アイス0.5~1CUP(約1.63.3円)

ピザ10CUP(約33円)

 

社会主義制度の下で賃金が安い分、

公共交通機関の使用料や飲食費といった生活にかかる

費用が抑えられているわけだが。

 

とはいえ例えば大学新卒の初任給

200CUP=8CUC=約640

これだけで生活ができるわけがない。

 

では月々の収入+αを得るにはどうするか。

人々は様々な方法で密かに稼いでいるようなのだが、

ある小遣い稼ぎをしようとしていた場面に出会えた。

 

サンティアゴ・デ・クーバの人民ペソ払いが可能な

レストランで食事をしようとしていたときのこと。

 

注文を終えて料理がくるのを待っていたら突然

隣のテーブルに座っていた黒人男性が怒り出した。

そして何やらスタッフと口論になり、

店を退出する前に我々に一言。

 

「ここの店は2倍の価格を請求するからやめとけ」

 

そんなことを忠告されてしまったが

今さら注文を取り消すこともできないので

「価格を確認させてくれ」とスタッフに頼んだら

「大丈夫」と言われ確認できず。

 

なんだかひっかかるものを感じながらも食事を終え

お会計を頼んでみると

注文時に把握していた価格よりもはるかに安かった。

 

つまり、

人民ペソ払いのレストランにさえも

「国民用メニュー」と「外国人用メニュー」がある

ということだったようだ。

 

 

初めに見せられた「外国人用メニュー」でさえ

CUC払いのレストランで食事するよりもずっと安く

済んでいたので疑うことさえなかったが、

考えてみれば懐に入れるための副収入を見込むために

「ぼったくり価格メニュー」があって当然なのだ。

食材費はそんなに高くないようだし。

 

 

ほほぉ。やるねぇ。

でも+αの収益ってみんなで分配するんだろうか?

ホールスタッフはできても調理スタッフはできないし。

 

 

さらに、別のレストランでの出来事。

お会計時に値段を水増しして請求してくる定員に

会ったことがある。

ほんの数CUP30CUPといった価格だが。

値段をきちんとチェックしないで食事をとる人からは

簡単に小遣い程度のお金をゲットできるわけだ。

 

 

資本主義社会で収入を得てきた我々が

短期間だけキューバにお邪魔させてもらっているので

多少のぼったくりくらいは目をつむっていればいいと

思い、お勘定がメニューの価格と違うときだけは

こちらから申し出て計算し直してもらった。

 

 

副収入を得る方法、他にもいろいろあるようだなぁ。

 

 

スポンサーサイト

キューバの人民ペソで飲み食べしたもの

 

まずは定番のピザ 10CUP(33)

 

キューバ人は本当によくこんなピザを食べる。

ピザと呼ばれるパン風の食べ物とも言える。

 

 

Perro Caliente=ホットドッグ 10CUP

わざわざそこまで直訳せんでもいいのに()

 

 

ハンバーガー 10CUP と

レフレスコ(主に水に溶かした粉ジュース)1CUP

 

 

レフレスコは一体何杯飲んだだろう・・・?

3週間で20杯は飲んだみたいだ。

 

 

国産ビール 軽い飲み口のビール
CUCまたは2024CUPくらい(80)

 

 

サンティアゴ・デ・クーバのレストラン
「エスパーニャ」で
魚のフライとえびご飯とサラダ
72CUP(238)

味付けもよく美味しかったし、お手頃価格だった。

 

 

トリニダーのとあるレストランで

チキン、バナナのフライ、豆ご飯とサラダ
65CUP(215)

 

 

<感想>

人民ペソ払いの食べ物やレストランでの食事は
質はあまりよくない。

キューバ滞在中は野菜不足になった。

ご飯はスパイスが効いておらず味が単調で飽きる。

メキシコに戻った途端、
ご飯のバリエーションの広さには
感動した。

これらのおかげでかなり食費は節約できたと思う。
 

<豆知識> 

米の値段は1リブラ(453) 5CUP

豆の値段は種類により1リブラ 1015CUP

豆の方がお米よりも単価は高いのに

ご飯は高確率で豆ご飯として提供される。

 

 

「青年の島」、行ってみる?!

 

特別自治体で、

キューバに移住した日系人も住んでいるという島。

行ったことがある人の話を聞いたことがないので

「行ってみる?!」というノリで交通手段を調べに

トリニダーからハバナに戻って来た。

革命広場近くのバスターミナルで

行き方を調べてみたら、交通費がえらい高かった。

 

ハバナから青年の島へは片道56CUCかかる。

ハバナからスルヒデーロ・デ・バタバノまで
バス5
CUC

スルヒデーロ・デ・バタバノから島まで
船代51
CUC

 

そんなに高いの?!

というわけで青年の島行きは却下。

 

キューバでの滞在日数がまだ残っていたので、

ビニャーレスの谷へ行くことになった。

 

ハバナからビニャーレスまでは

Transtur社が運行しており、

Hotel Ingraterra前を8時発、12CUC 約4H

 

 

さてここビニャーレスはどんなとこかというと・・・

かわいらしい平屋が並んでいる小さな集落であった。

 

そこら中に民泊できるカサがあり宿探しは困らない。

 

 

峡谷を間近で見るには車で行けないので
乗馬で行くらしいが、

乗馬にはどうも惹かれなかった我々は
タクシーで周囲を
ぐるっとまわってみた。
1台
1012CUCで交渉可能

 

まずはインディヘナの洞窟へ (5CUC

 

こんな風に洞窟内をボートに乗ることができる。

「ちょっとアトラクションみたいだね。」

 

 

サン・ミゲルの洞窟 (1CUC

ただの短い洞窟で、行く価値はない気がする。

 

 

洞窟を抜けたらこんなパフォーマーがいた。

 

 

プレイストリアの壁画 (入場せず)

あんまり見応えがあるようには見えず車から見た。

 

 

最後にビニャーレスの谷が一望できる展望台へ

 

 

え・・・?こんなもん・・・?

 

 

 

Transtur社のバスのガイドによれば

中国、ベトナム、タイ、そしてキューバにしかない

地形なんだそうだが。

なんだかがっかり。

いや、あまり期待はしておりませんでしたが。

 

 

ビニャーレス自体は良いとこだけども

時間がある人は行っても良い場所だと個人的には思う。

 

 

石畳の町、トリニダー

 

16世紀初めに建設されたトリニダー。

石畳の町並みが残るスペインのコロニアルタウン。

1988年、郊外のロス・インへニオス峡谷とともに

世界文化遺産に登録された。

 

キューバ観光のハイライトの1つであるこの町は、

少しタイムスリップしたかのような場所だった。

 

泊まっていたカサのテラスから

 

 

路地

 

 

 

 

ロバに乗るおじさん

 

 

革命博物館(入場料1CUC)にある塔の上から

 

 

 

シエンフエゴス

 

人口4万の「南部の真珠」と呼ばれる
コロニアルタウン。

2005年都市的歴史地区として
世界遺産に登録された町。


9月9日
サンタ・クララからトリニダーに向かう前に

1泊だけ立ち寄ってみた。

 

トーマス劇場とその前の広場

 

 

 

 

町中にはまだ当たり前のように馬車が走っている。

 

 

この町のCoppeliaで食べたアイスが激安で、

3スクープで1.5CUP(約5円)だった。

どこでもCoppeliaは行列なのにここはすいていたし。
使い古した安っぽい曲がったスプーンがたまらん。
アルマイト、なのかな。

隣では10代後半の3人の青年が
がっつり5~6スクープは食べていて驚いたものだ。
老若男女、アイスの消費量が多い国キューバ。

Coppelia』の看板の文字がステキだったなぁ…。

 

 

夕暮れ前にローカルバスでプンタ・ゴルダへ。

 

あいにくこの後雷雨で夕日は見られなかったが、

しばしぼんやり海を眺められ気持ちが良かった。

 

 

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。