スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの負の遺産

 

プノンペン滞在の目的は、

ベトナムのビザ申請・取得と

トゥール・スレン博物館を訪れることだった。

 

プノンペンには王宮やお寺、国立博物館などの

見所はあるようだが、全く惹かれず。

 

カンボジアといえば、

ポル・ポト派による大虐殺。

負の遺産も訪れ、知らなくてはならない事が

ここにはあると思っていたからだ。

 

70年代に200万人とも言われる大量虐殺。

その背景は一体・・・?どこで、どんな風に?

 

2012年4月4日 博物館を訪れる。

プノンペンにあるトゥール・スレン博物館は

当時はS21と呼ばれた刑務所だった。

 

 

A棟の個室には古びた鉄パイプのベッドがあった。

ここで多くの罪なき人が激しい拷問を受けた。

その拷問は、毎日朝・昼・晩とあったという。

 

 

B棟には収容された人々の写真が展示されていた。

囚人番号を付けられ、こちらを見つめる犠牲者たち。

恐怖で明らかに怯えた目で写った証明写真の数々。

だがある青年1人だけ、微笑んでいたように見えた。

 

これからどんなことが起きるのか知っているのか、

自分の運命を受け入れているかのような

穏やかな表情に見え、思わず涙がこぼれた。

 

この施設で2年9ヶ月の間に

1万4千~2万もの人が収容され、

生き残ったのはたったの7名だけという。

 

その中の運良く画家だったために途中で免れ、

仕事を与えられて生存したある男性が後に

刑務所内の様子を描いた絵がD棟に展示されている。

 

とてもとても、恐ろしい絵の数々だった。

 

鞭で叩かれる人

 

生爪を剥がされ、そこにアルコールをかけられる人

 

器具で傷つけられ、ムカデなど虫に噛まれる人

 

浴槽のような入れ物に全身を沈められる人

 

吊るし上げられる人

 

失った意識を取り戻させるために、

作物の肥料として使われる汚くて臭い水が入った

大きな瓶に頭部を突っ込まれる人

 

死亡した目隠しされたままの遺体を運ぶ看守

 

キリング・フィールドに連行される、

縛られたまま1列になって歩かされる囚人たち

 

 

そこには拷問の道具も生々しく展示されていた。

 

 

ここは刑務所という名の大虐殺をするための場所。

そんな場所が全国に167箇所もあったそうだから

なんとも恐ろしいことだ。

しかもまだ13歳前後の洗脳された子供たちが

殺戮を繰り返していたという、信じがたい事実。

 

 

周囲の外国人観光客の一部はこれらの絵画をカメラで

撮っていたが、自分にはできなかった。

ただその絵を見つめるだけで、衝撃的過ぎて。

カメラのデータに保存したくないほど怖かった。

 

 

D棟3階では(毎日10時と15時から約1時間の)

ポル・ポト政権下を生き延びた人々のインタビューを

含むドキュメンタリー映画を上映していたので観た。

遺族の生の声は、心に重く響いてきた。

時間が合えば、ぜひこれも観ると良いと思う。

 

 

見学後、土産物屋で人だかりができていた。

THE TRUTH」という本を持つ男性

 

 

記念撮影に応じる生存者と思われる著者

 

 

 

ここを見学していて苦しくなる時もあったが、

アウシュビッツ同様、

この旅で訪れてみて本当に良かった場所の1つ。

 

 

今も残る多くの地雷は、ポル・ポト政権時代に

大量に埋設されたものだという。さらに

内戦中の空爆の不発弾によって、現在もなお

人々の身体が傷つけられ、命が奪われている。

 

当時この大量殺戮に関わらされた子供たちは

60年頃に生まれた人なので、現在は50代。

加害者側となった彼らの心も、癒えないだろう。

 

 

カンボジア人にとって精神的にも身体的にも

生活しやすい土地が早く戻るよう、

仮に身体障害者であっても収入を得られ、

それぞれ生活していける社会になって欲しい。

また、

二度と人間が大虐殺や戦争といった過ちを

繰り返さないことを、切に願う。

 

 

 

スポンサーサイト

アンコールワット(主にデバター)

 

2012年4月1日

レンタサイクルでガイドを付けずに

アンコールワットへ行ってみる。

 

アンコールワット前の駐輪スペース(?)では

すぐさま駐輪代を請求され、場所によっては

飲み物を買えば良いとのことだが、

500mlの水1本で1USD

それは高過ぎる!

「普通お店で1.5L0.50USDじゃん。」

未開封の1.5Lボトルを見せて

「これ以上水は要らない」と主張してみると

渋々コーラ類11USDにしてくれた。

 

正式に駐輪代を払う必要があるかは不明だが、

一応置いておく自転車を見ておいてくれる

と言うので、まあよしとする。

 

Fantaの緑色の缶はフルーツポンチ味だか、

「着色料入っています!」というグリーン。

30分ほど自転車をこいできたので汗をかきつつ

参道を歩きながら久々の炭酸のジュースを飲む。

 

 

アンコールワットは、これが2度目。

先日体力と時間不足で訪れなかったエリアを

中心にうろつく。

 

 

 

 

そして気付いた。

「回廊の彫刻は、薄いガイドブックだけで

ガイドなしでは詳しくは分からない。」

 

 

まあまあ、それでくらいでもいい。

たまに英語や日本語ガイドを連れている人のを

盗み聞きしたりした。

それにしてもガイドの声が複数人混ざると
聞き取りずらいので、周囲の人のためにも
アウシュビッツ収容所の案内に使われているような
無線のマイク・イヤフォンを導入してはどうか?
あれならば少しガイドと離れても聞き取り可能だし。


 

歩いている途中にふと目覚めたのは、デバター探し。

歩き方に載っているデバターを探し出し、

「コレかー」と満足していた。

 

ヘアスタイルの違う4体のデバター

(似たようなのはたくさんありそう)

 

 

横向きのデバター

 

 

サロンを身に付けていないデバター

 

 

(個人的に見つけた)肩を組むデバター

 

 

そして見られて良かったものの1つは

下書きのデバター

 

 

こうして彫られていったかと思うと、

非常に細かい作業である。

 

 

綺麗に現存しているデバターよりも、

未完成のままのデバターにより感動した。

 

 

アンコール遺跡観光も楽じゃない、の巻

 

2012年3月29日

旅人5人で朝5時集合し、前日に手配しておいた

トゥクトゥクでアンコールワットへ向かう。

 

5時半前から日の出を待つ。

あたりは暗く、シルエットが少し見えるくらい。

 

6:25 太陽がようやく見えてきた~。

周囲の人も写真を撮りまくっている。

 

6:50 写真ではちょっと見にくいけど、

修復中の緑のシートがなんとも残念。

でも朝日は綺麗に見られて良かったー。

 

 

7時半前に一度宿に戻り、各自朝食後の

8時半にトゥクトゥクに再集合した5人で

 

①タ・プローム

 

 

②タ・ケウ

 

 

③バイヨン

 

 

④バプーオン

 

 

⑤象のテラス

 

 

⑥ライ王のテラス

 

 

暑くてバテたので1Hほど昼食休憩
この休憩でだいぶ気力も体力も回復し、

⑦アンコールワット

緑のシート、このように日中はさらに残念。

せめて保護色にしたらどうだろう。

 

 

お寺だから一応お坊さんもいるようだ。

 

 

⑧夕日を眺めるためにプノン・バケン

16時半前に到着し、なるべく日陰で待機。

「暑いね、早く日が暮れないかね」と言いつつ。

 

17:45頃から夕日がいい感じになる。

 

 

が、トンレサップ湖に沈む前に雲に覆われた。

ちょっと残念。

 

 

暗くなる前にちょっとした山道を降りて

ここから6kmほど離れた町まで

トゥクトゥクで戻ったのだった。

 

 

<簡単過ぎる感想>

やや寝不足でもあったので、

結構きつかった!日中暑いし!

3日券買ったからまた後日見たいとこに

来ればいいや、と思って流して見た。

 

アンコール遺跡のメインともいえるエリアを

さらーっと周ってみたものの、

「ベンメリアが良かった」と言っていた

あの人たちの気持ちも分かるなぁ・・・。

 

 

話は少し反れるけれども

この度3つ共訪問できたので一言。

<世界三大仏教遺跡>

①ミャンマーのバガン

②インドネシアのボルブドゥール

③カンボジアのアンコールワット

 

どれもいいけど、バガンが好きかな。

他2つよりは観光客が少ないし、

赤土の大地に点在する廃虚の遺跡と

現在も地元民に使われているお寺が

いくつもあるので、気に入った。

 

アンコール遺跡群 ①ベンメリア

 

まずは拠点となるシェムリアップに向かうまで。

 

2012年3月27日

バン・ルンを朝6時半発のバスで

シェムリアップへ向かったのだが、

合計16時間もかかった。

 

バン・ルンで良いバスだよ、と言われて買ったのに

実際はローカルバスなのでよく止まったし、

初めの3時間は道が悪くて土埃がひどいし、

休憩所でエンジンをバケツと水で冷却したり

不具合が生じて時間のロスがあったし、

運悪く冷房が故障中で日中は汗だくになったし、

何より、次のバスへの乗り継ぎが悪かった。非常に。

 

たぶんストウンという所で

シェムリアップ行きのバスに乗り換えたのだが、

ここで次のバスが来るまで2時間半待った。

合計3時間半待ちした外国人集団もいたほど。

17時半前に出発して20時前に休憩があり、

やっとシェムリアップに着いたのは22時過ぎ。

 

 

カンボジアはアンコール遺跡という

世界的にも有名な観光地があるのに、

バスといった交通手段はまだまだ不便。

アンコール遺跡のためだけの訪問ならば、

空路がいいのかもしれない。

 

 

22時過ぎにやっと着いたと思ったら

中心部から少し離れたバスターミナルだった。

「ツーリストしか乗っていないバスなんだから

中心部で降ろせよ」と思うのだが、

バイクタクシーやトゥクトゥクも稼げるような

旅行者には不便なシステムになっているわけね。

 

仕方なくバイタクで宿まで向かうことに。

 

早朝からの移動で疲れているのにも関わらず

バイタクには「明日、アンコールワット?」と

何度も勧誘を受け、うんざり。勿論きっぱり断る。

 

 

日本人旅行者と遺跡観光の車をシェアできたらいいな

と思いタケオGHに行くと、シングルが空いていた。

よかった~。(ホットシャワー付き6USD)

 

明日は休んで観光予定を立てようかと思っていたら、

たまたま同じ宿に滞在中の日本人の青年M君に

「明日ベンメリアに行くけど、人数が多いと

みんながお得になるし、良かったら」と誘われ、

到着して間もなくトントン拍子で観光が決まった。

 

ところでベンメリアって・・・?

予習は全然できてないんだけども行ってみよう。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2

 

 

翌28日11時過ぎに日本人学生中心の合計9名で

21歳とまだ若い運転手と共にベンメリアに向かう。

(1台のワゴンのチャーターで1人約7USD)

ベンメリア遺跡の入場料は5USD

 

入り口

 

 

森の中に埋もれたベンメリア遺跡

 

 

既にアンコールワットを訪れた他の人たちは

「ここ、人がいないし凄くいい!!」と言っている。

 

 

まだアンコールワットには行っていないけど、

そう言われてみればそうなのかもしれない。



ちょっと冒険気分が味わえるし。

 

 

『天空の城ラピュタ』のモデルの1つとも言われ

歌を歌い始める男子学生がいた。若いね。

 

 

保存状態の良いナーガ

 

 

ラーマーヤナ物語の彫刻

 

 

マカラの排水口

 

 

発見当時のままのような、

多くの木々に囲まれている荒廃した遺跡なので

個人的にはとても気に入った。

 

 

 

車をシェアさせてくれたみなさん、

誘ってくれたM君、どうもありがとう。

 

 

我々の滞在時間は1時間半~2時間だったが、

1時間あれば見学可能な範囲かと思う。

また、あまり修復されていないので

足場がしっかりとしていない場所も多いので、

履物にはご注意下さい。

 

 

バン・ルンの市場

 

英語があまり通じない、

元々は少数民族が多く住むバン・ルン。

どんなものが売っているのか見に行った。

産地だから安く手に入るだろうと期待して

カシューナッツを買い求めるためにも行った。
(結局なくて落花生500gを買ったのだが)

 

 

市場の屋外のエリア

何故かカンボジアに入った途端、

上下のパジャマ姿で過ごしている女性をよく見る。

 

 

やっぱりここカンボジアにも味の素が・・・。

 

 

名前も分からない菜っ葉。

手前のはあまり美味しそうではなさそう。

 

 

ヒゲがある魚を生きたまま販売中

 

 

何種もの魚の発酵食品は異臭を放っている。

 

 

漬物みたいなものはご飯と合いそう。

 

 

カンボジアではこぶりなドリアンが売っている。

パックリ割れてて、美味しそう。

 

 

シーズンは3~4月だというので、買ってみた。

これで1USD、シェムリアップの市場にて。

ドリアンは単価が高い果物のようだ。

 

 

民間療法に使うらしい乾燥した薬草類?

 

 

買わなかったが見つけられて嬉しかったもの

①アボカド メキシコ以来、久しく食べてないかも。

 

 

②ライチとマンゴスチン まさに南国フルーツ☆

 

 

 

庶民はもっと野菜中心の生活をしているかと思いきや

バン・ルンの屋台ではチキンなどの鳥の丸焼きを

毎日のように夕方から焼いていたし、

食堂のおかずは何種類もあってもお肉やお魚入りの

ものが目立った。案外、肉食のようだなぁ。

 

 

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。