スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後のインドネシア滞在

12月12~13日

1泊2日のジャングルトレッキング

12日 夜明け前から土砂降りで、

危険なのでキャンセルとなりました。

地元の人によれば、地滑りもあったとか。

雨季なので仕方ないし、あんな天気の中を

歩く気にはなれなかったからいいのさ。

代わりに近郊の村などを訪ねてきました。

 

12月14日

ブキティンギからドゥマイまで

夜行「バス」での移動かと思っていたら、

宿まで迎えに来たのは、日本車のワゴン。

「なんだ、リクライニングできないのか。

小型なだけに早く着けばいいけど・・・」

 

狭い車内に満員の乗客、出発時刻の遅延、

意味不明な複数回の途中停車、

運転手の車内での喫煙など、いたって

典型的なローカルトランスポートに疲れる。

 

12月15日

夜行でご一緒だったマレーシア人一家が同じく

マラッカに行くというので、同行させて頂く。

というより親切にも先に彼らが導いて下さった。

ドゥマイ→マラッカのチケットはRp.26

10時 フェリー乗り場で出国手続き

その後マレーシア人一家とフェリーに乗船

11時 出航時刻を過ぎてもまだ出航せず

1140分 おもむろに出航

25日間に及ぶインドネシア滞在を終えた

 

多くの島で成り立ち、見所の多いインドネシア、

ぜひいつかまた訪れてみたいものだ。

ビザの期限が1ヶ月って、短期間過ぎるよ。

 

 

スポンサーサイト

今後の予定

12月12~13日

1泊2日のジャングルトレッキングへ

熱帯の様々な動植物を見てきます。

世界最大の花、ラフレシアは残念ながら

「4日前に閉じたので見られないだろう」

と言われているので期待していませんが、

もしも見られたらとても嬉しい。

 

14日

夜行バスでブキティンギからドゥマイへ

15日

ドゥマイに早朝到着

マラッカ海峡をフェリーで渡り、

マレーシアへ入国予定

 

クアラルンプールでは

9月28日にデリー行きの機内で

知り合ったマレーシア人女性と再会し、

観光案内でもしてもらおうかと。

 

 

ミナンカバウ 1日ツアー

12月11日(金)

10日にパダンからブキティンギに来た。

今日はバイクで地元民の生活が見られる

ような1日ツアーをチャーターしてみた。

Pandai Sikek村では、女性は

1012歳くらいになると機織を学び、

働き始めるとのこと。

各住居には、機織部屋が設けてある。

 

 

男性は木彫りや、農作業に従事するらしい。

 

 

サトウキビから黒糖を作っているところも

見学させていただいた。

 

目隠しした牛に搾り機を牽かせて汁を集め、

 

 

それを何時間か煮詰めた後で

 

 

ココナッツの型に流し入れて、冷ます。

 

 

できた砂糖を市場で売る。

家族・親族でこの商売をしているそうだ。

 

日本では自分がなりたい職業に就くことは

ある程度可能だけども、文化や習慣が違うと

その選択肢が無いんだもんなぁ・・・。

「やろうと思えば、何でもできる気がする。」

この旅の間に、よくそう思っている。

 

 

国内線でジャカルタからパダンへ

12月9日(水)

ガンビル駅からシャトルバスを利用し、

スカルノ・ハッタ国際空港に着く。

 

「イスラム圏だなぁ」と感じた光景

搭乗口近くにお祈りの部屋があり、

男女別に分けられていた。

 

ガラス張りで丸見え。失礼にならないよう、

また周囲にばれないように隠し撮りしたので

あまり良い写真ではありませんが。

 

予定では14時に搭乗、14:30に離陸

しかし14時を過ぎても搭乗案内されず。

搭乗口には早目に着き、座れていたので

周囲の人とともにひたすら待機していた。

15:40 遅延のためか、「ほかほか弁当」が

乗客に配られ、昼食代わりにいただく。

16:30 ようやく搭乗案内

 

 

18:30 ミナンカバウ国際空港へ降り立つ

 

パダンの安宿に着いたのは20時前。

エアコン付の部屋(1泊約Rp.20)の高い

部屋しか空いていないと言われたが、

この時間に他の宿を探す気にはなれず、

渋々承諾。しかもあまり快適でなかった。

予定どおり着いていれば・・・。

 

結局なぜ飛行機が遅れたかのアナウンスは

インドネシア語ではあったのだろうが、

英語ではなかったと思うので理由は不明。

他の乗客も遅延は日常茶飯事かのように慌てず

待機していたから、よくあることなのかも。

仮に同日に国際線を乗り継ぐ予定があったら、

相当焦っただろうなぁ。

長距離バス

12月8日(火)

明日はここジャカルタから長距離バスで

スマトラ島のパダンへ向かおう。

どこのバスターミナルから何時発かなどを

ツーリストインフォメーションで尋ねてみると、

「地震の影響で長距離バスは運行していない。

飛行機ならば行ける」とのこと。

ナント!!地震の影響か!!

陸路移動にこだわって旅をしてきたが、今も

道路が悪くなっているならば、仕方ない。

長距離バスでかかる費用のおよそ2倍、

約6500円を払い、飛行機で行くことに。

こうでもなければ乗ることのない国内線を、

しっかり楽しもう。

そしてパダンからドゥマイに行き、

マラッカ海峡を渡ってマレーシアへ。

タイまでは陸路移動するぞ。

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。