スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトアニアの市場と料理

 

4月27日()

ヴィリニュスにあるハレス市場へ行ってみた。

ここには衣料品を扱うお店もたくさんあったが、

食品売り場を中心にうろついてみた。

屋内にある市場の様子

 

 

野菜・果物・乳製品売り場の内容は、

ラトヴィアの市場とあまり変わらないようだ。

 

 

精肉ではなく、加工済みの肉類売り場が多かった。

 

 

「もしかしてこれは豚の脂身?!」と立ち止まって

眺めていたら、おばちゃんが味見させてくれた。

 

 

肉の脂身は苦手だから「こんなん食べるの?」と

思って見つめていただけなのに。しかも2種類も。

味付けされた脂身のベーコン・・・とでも言うべきか。

好きな人は好きだと思う。

 

売り場のほとんどの人たちはただ眺めていても特に

相手にしてくれないし、商品の写真を撮ろうとすると

注意する(怒る)人もいる。

そんな中で、偶然立ち止まったらおばちゃんから自ら

味見を勧めてくれたんだもの。

そりゃあ自分が苦手なものでも有り難くいただいた。

「アチュゥ」:ありがとう

 

 

さてガイドブックには

「たとえ見どころをひとつ削ってでもリトアニア

料理を食べてみて」と書いてあるので、

リトアニア料理屋に行ってみた。

ヨーロッパ旅行を始めてからの、初めての外食。

いつもはスーパーで食材を買っておき、

朝・夕は宿で食べ、昼はパンを持って出かけるので。

 

これがツェペリナイ。飛行船型だ。

 

 

もちもちしたジャガイモの中に挽き肉が入っていて、

ベーコンソースとサワークリームがかかっている。

 

 

芋類ももちもち感も好きな女子にウケそうな料理だ。

「このもちもち感は一体?」と繰り返しつつ、

もちろんわたくしも美味しく完食。ごちそうさま!

 

それにしても久々のカフェ・レストランでの食事で、

チップが要るの?などが気になり、とても緊張した。

ちなみにツェペリナイは14Lt(390)だった。

 

 

スポンサーサイト
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。