スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内線でジャカルタからパダンへ

12月9日(水)

ガンビル駅からシャトルバスを利用し、

スカルノ・ハッタ国際空港に着く。

 

「イスラム圏だなぁ」と感じた光景

搭乗口近くにお祈りの部屋があり、

男女別に分けられていた。

 

ガラス張りで丸見え。失礼にならないよう、

また周囲にばれないように隠し撮りしたので

あまり良い写真ではありませんが。

 

予定では14時に搭乗、14:30に離陸

しかし14時を過ぎても搭乗案内されず。

搭乗口には早目に着き、座れていたので

周囲の人とともにひたすら待機していた。

15:40 遅延のためか、「ほかほか弁当」が

乗客に配られ、昼食代わりにいただく。

16:30 ようやく搭乗案内

 

 

18:30 ミナンカバウ国際空港へ降り立つ

 

パダンの安宿に着いたのは20時前。

エアコン付の部屋(1泊約Rp.20)の高い

部屋しか空いていないと言われたが、

この時間に他の宿を探す気にはなれず、

渋々承諾。しかもあまり快適でなかった。

予定どおり着いていれば・・・。

 

結局なぜ飛行機が遅れたかのアナウンスは

インドネシア語ではあったのだろうが、

英語ではなかったと思うので理由は不明。

他の乗客も遅延は日常茶飯事かのように慌てず

待機していたから、よくあることなのかも。

仮に同日に国際線を乗り継ぐ予定があったら、

相当焦っただろうなぁ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。