スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーガ→シャウレイの十字架の丘→ヴィリニュスへ


大小無数の十字架が立ち並ぶ「十字架の丘」

ラトヴィアの首都リーガとリトアニアの首都

ヴィリニュスを訪れる予定なら、その途中に

寄って行くことも可能だとのこと。

バスの時刻表などを調べたところ、どうやら

同じ日にヴィリニュスに行けることが判明。

せっかくだからついでに行ってみた。

 

まずはリーガからリトアニアのシャウレイへ

10:00発 ロシアのカリーニングラード行きに乗る。

本当は5Lsなのに、チケット売り場ではおばさんが

勝手に学生料金の4.50Lsにしてくれた。きっと

彼女には私が若く見えたのだろう。アジア人だしね。

 

 

バスから見えた風景
ラトヴィアもリトアニアもこんな土地が続いていた。

 

 

12:30 シャウレイに到着

すぐに荷物預かり所へ向かう。

左側が荷物預かり所 右側はインフォメーション

 

 

外国人と接することが多いはずなのに、

荷物預かり所の人は英語が話せないおばさんだった。

ちなみに料金は後払いで、2Ltだった。

 

13:10発 12番ホームからヨニシュキス行きに乗る。

運賃2.40Ltは、バスの運転手に払った。
バスが発着する所にはショッピングセンターがあり、
ATMで現地通貨(リトアニアリタス)が引き出せた。

 

13:30 運転手がドマンタイに着いたら教えてくれた。

「あの道を2kmくらいだよ」って。親切な方だ。

そしてこんな道を20分ほど歩く。

 

 

十字架の丘に近付いてきた!

 

 

そして文字通り十字架だらけの丘だった。

 

 

15時過ぎにシャウレイ行きのバスに乗り、戻る。

 

16:10発 ヴィリニュス行きのバスが発車

チケット売り場で券を買ったら47Ltだったが、

たぶんネットで買えば10Ltくらい安いはず。

 

 

19:40 ヴィリニュスのバスターミナルに到着

20時でもこれくらい外が明るいから、

予約済みの宿へは安心して向かえた。



 

事前にバスの時刻をバスターミナルで尋ねたり

ネットでバスや鉄道の時刻表を確認しておいて、

実際に予定通りに移動できると達成感がある。

これこそ個人旅行の醍醐味だよなぁ。

 

今ならここのルートだけならガイドブックよりも

詳しく書ける自信があるなぁ。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この「十字架の丘」は、確か先日TBSの世界遺産で放送されたのを観た。5万以上と言われる数が集まっている、というのは壮観だろうなぁ。ちょっと異様な印象も受けるが、キリスト教徒だとまた見方も異なるのだろうか。
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。