スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪肝

 

 

世界三大珍味のひとつ、“フォアグラ”

一般的にはガチョウまたは鴨が必要以上にエサを沢山

与えられて、脂肪肝を人工的に作り出されたもの。

 

調べてみると、案外歴史が古い!

古代ローマ人が干し無花果をガチョウに与えて飼育し、

その肝臓を食べたのが始まりらしい。

 

 

世界の生産量 2004年のデータ

第1位 フランス 18,000トン

第2位 ハンガリー 2,600トン

第3位 ブルガリア 2,000トン

 

2004年の総生産量は23,670トンであったため殆どが

フランス産であるものの、ハンガリーは第2位

 

「ハンガリーではフォアグラを安く食べられる」

ということを、最近旅人から聞いていたので

「そりゃあ食べてみるしかない。」と思っていた。

 

そんな矢先

タイミング良くブダペストの日本人宿アンダンテに

宿泊中の旅人みんなで

「今夜のシェア飯(みんなで作るご飯)はフォアグラ

にしようか」ということになっていた。

 

ラッキー☆

 

6月21日の夕飯はフォアグラに決定!

この日は市場などでの食料の調達から調理まで

すっかり他の方々にお任せしてしまった。

 

しかもハンガリー人の料理人ガビさんによる、

本物のハンガリー料理

 

 

 

 

 

 

こうしてみなさんのおかげで出来上がったのは


 

 

 

○フォアグラのソテーとモモのシロップ漬け

○ズッキーニとナスの炒め物

○キュウリのヨーグルト風味のサラダ

○野菜スープ

 

 

フォアグラは思っていたよりも臭みはなく、

濃厚なレバーの味がした。脂肪肝だものね。

ガビさんのお母様の自家製モモのシロップ漬けが

甘酸っぱくて爽やかで、フォアグラに合っていた。

 

 

フォアグラもスープも、どれも絶品☆

 

 

パンでお皿を1滴残らず拭いて、完食したのだった。

とってもおいしゅうございました。ご馳走様でした!

 

あんなに美味しかったご飯なのに、

みんなで割り勘したので1人たった1000Ft(390)

世界三大珍味なのに、驚愕の安さ。

 

 

ハンガリーに着いてからケーキを食べに行ったり

毎晩みんなでご飯を作って食べ、ビールやワインを

飲んでいたら、ちょっとウエストがきつくなって

きたかもしれない今日この頃。

 

 

 

わたしが脂肪肝にならないように気を付けなきゃ()

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フォアグラ

フォアグラパーチー、自分3回やりましたよー。
もうフォアグラに幻想はない。
お前とはもうええんや、、、というかんじで。笑

この1週間で2回

この1週間でフォアグラパーチー1回
レストランの食事で1回
シェア飯はご想像のとおり、結構豪華
そして活動量の少なさ
そろそろ自分の肝臓がフォアグラ・・・?
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。