スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hortobágyi ホルトバージへ

 

ハンガリー東部に広がる大平原プスタ。

ホルトバージの町を含むその一部は、

ホルトバージ国立公園として自然保護区域に

指定されている。

1999年に世界遺産に登録された、

湿地帯で池や川が多く、ヨーロッパ有数の

野鳥の宝庫として知られている場所。

 

W杯の試合がない2日間を利用し、

同じ宿に滞在している同い年のしんちゃんと

ここを訪れてみることにした。

 

630

8:33 ブダペスト東駅発ミシュコルツ行きに乗車

9:55くらいにフゼサボニーで下車し、乗り換え

・・・の予定が降車できず。

 

「ここで降りて乗り換えだよね?」と2人で

出入り口付近で慌てて駅名を確認している

ほんの1分くらいの間に、突然扉が閉まった。

 

発車した列車の上から駅名が見えてので、


「今すぐ下ろしてー」と言いながら駅を見送る。

駅名が駅舎にしかなかったので、判断を迷った。

 

 

仕方なく終点ミシュコルツまで行き、

再びフゼサボニーへ戻った。

 

 

目的地ホルトバージへ到着したのは、

当初の到着予定時刻の約2時間後 13:40

 

 

観光案内所で大平原ツアーについて訊くと、

10時、12時、14時、16時にあるとのこと。

「じゃあ今日16時からのに参加しよう」

と決めて、ツアー申し込み場所まで歩く。

 

 

ジリジリ照りつける日差しを遮るものはなく、

「暑いね~。周りは大平原だね。」と言いながら。

 

 

かつて騎馬民族であったハンガリー特有の衣装を

身に付け、馬を操る馬術ショーとプスタに生息する

動物たちを見るツアーは約1.5時間 

大人2500Ft.(960)

 

こんな馬車に乗って、大平原の中へ

 

 

初めに見たのは、ハンガリー原産の灰色牛

ユニコーンみたいな長い角が目立つ。

 

 

昔からハンガリーで飼われてきた珍しい家畜の

ラツカ ねじれた角が生えた羊

 

 

体毛が濃いブタ

 

 

民族衣装を身に付けた男性による馬術ショー

 

馬の背に立って、鞭一本で操る妙技

 

 

馬をごろんと寝かせ、その上に立ったり

 

 

お座りさせたり


 

「おぉ~!!凄い!!」

 

どこまでも続く大平原を見ることは簡単だけど、

せっかくホルトバージまで来たのなら

このツアーに参加しないのはもったいない。

 

タイミング良くツアーに参加できて良かった。

 

 

この日はユースホステルのような宿で泊まることに。

ツインで1人4500Ft.(1735)

大自然を満喫した1泊2日のホルトバージ滞在を終え、

7月1日18時にブダペストへ戻って来た。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

同じ宿の年上の福ちゃんは「いいね!」と言ってます。

うーん

すごい!

馬っておすわりするんだぁ〜

まるで犬

あれがまたきちんと調教された馬でね〜。
まるで犬のようにスムーズにお座りしてましたよ。
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。