スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリビアのトゥピサで7時間乗馬

 

1月29日

Tupiza(トゥピサ)で待ってます!」

アルゼンチンからボリビアに入国する直前に

ウシュアイアで知り合った方からこんな連絡が来た。

 

1月30日

アルゼンチンのラ・キアカから徒歩で

ボリビアのビジャソンに入国し、そこからバスで

約2時間半 15ボリビアーノ(180)

 

標高約3000m弱のトゥピサに到着

 

ここでは乗馬しながら渓谷を見に行くツアーに参加

できるとのこと。

 

合流させてもらった日本人4名と乗馬ツアーを検討

 

スペイン語を話せる方が

1時間あたり23ボリビアーノまで値下げ交渉してくれ、

7時間で161ボリ(1925)になった。

 

その結果、

3名は5時間コース、

私を含めて2名は7時間コース ということに。

私はせっかく乗馬するなら飽きるほど乗ってみようかと。

 

 

1月31日

12時前に宿を出発し、コレクティーボ

乗馬できる場所まで案内される。

 

特になんの説明もなく、すぐ乗馬させられ

 

 

渓谷へ向かう。

 

 

「ラクダよりは、乗り心地は良さそう」

 

 

『馬で行けない場所へは歩いて見に行って来い』

と言われて行ってみた場所

 

 

こんなところでヤギが放牧されていた。

 

 

 

乗馬5時間コースの3名と別れ、さらに奥へと進む。

 

 

小さな集落を抜けた場所にあった

RIO SUN JUAN DEL OROという川沿いの風景

 

 

 

 

 

そろそろ帰るのかな?

と思いきやまだ立ち寄る場所があるらしい。

 

 

時間がなく急いでいるのか、ガイドは我々の馬を走らせ、

 

 

私はただ落馬しないように必死だった。

 

「暴れん坊将軍て、実は凄いんじゃん」

 

この時点で乗馬中に坐骨や大腿内側に痛みが生じており、

「もう早く帰りたい…」と思っていた。

 

 

ここが最後に立ち寄った場所

 

 

薄暗くなり始めた帰り道


 

約2千円で乗馬7時間、渓谷三昧

慣れない乗馬で股関節周囲と腰の痛み

 

「しばらく乗馬しなくていいや」

と思えるほど満喫した()1日だった。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

乗馬7時間ですか!?すごい!!!
文章からつらさが伝わってきて、何だか笑えてしまいます。
でも、貴重な体験だと思いますよww ふふふ

ジョーバ

本物の乗馬でダイエットにもなるかと思って乗りましたが、
おしりやら股関節やらが痛くなっちゃって。
貴族にはなれそうにありません(笑)
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。