スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島の思い出2 モアイづくし

 

2月27日

リマから到着したばかりの日本人2名と合流し、

合計5名で24時間借りたレンタカー(1台85USD)

島巡りをする。

 

左ハンドルでマニュアル車

 

運転はM君にお任せした。

 

あいにく27日の天気はイマイチだったが、

車だからこそ行きやすい場所へ連れて行ってもらう。

 

 

Ahu Vinapu アフ・ビナプにて

これは他のモアイと違い赤い石で造られているので

女性のモアイと考えられているらしい。

 

 

 

イースター島といえば、立っているモアイ像。

 

島最大の祭壇に15体のモアイ像が立つ

Ahu Tongariki アフ・トンガリキにて

 

興奮した一同でこんな写真を撮ってみたり。

 

走り幅跳び?!
タイマーでこれを撮るのに何度撮り直したろうか。

みなさま、お疲れさまでした。

 

 

翌朝、まだ夜明け前の7時に宿を出発して

アフ・トンガリキで朝日を待つ。

 

 

 

 

曇っていたので朝日はイマイチでしたな。

 

 

この朝、車2台で訪れた日本人10名で集合写真

 

 

モアイ観光はまだまだ続く。

 

Rano Raraku ラノ・ララクにて。

島内のモアイは玄武石や黒曜石の石器を使って

この山から切り出された。ここには

運び出される前のモアイ、製造途中のモアイなど、

397体のモアイが確認されているという。

 

 

そこら中にモアイがゴロゴロ。まるでモアイ畑。

 

 

ここからよく何kmも離れた海岸近くまで運んだよね。

 

 

Ahu Akivi アフ・アキビにて。

 

海を見つめて立つ7体のモアイ

モアイたちが見つめる方向は春分と秋分の日没の方角

とも言われている。

 

 

滞在中は20:45頃に日没だったので、

20時半頃にモアイがある夕日スポット

タハイ儀式村へ




こうしてイースター島での1週間は
あっと言う間に過ぎていった。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

地震

とりあえず、東京は大丈夫だよ。 地震の後、JRがすべて止まって、都心の人が帰れなくなったけど…
大変なのは、東北の日本海側で…
テレビで見てても悲しくなる…
一人でも多くの人の無事と、いち早く復興が進むことを祈るのみ…

間違えた!

地震・・・ 被害が大きかったのは、東北の太平洋側!!!
なんという凡ミス… そして、被災者の方、すみません。
言い訳だけど、そのくらい動揺させられるような災害だよ…
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。