スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーノからウロス島、タキーレ島への日帰りツアー

 

汽船が航行する湖では、
世界最高地にあるティティカカ湖

標高3890mの高地にあり、
面積は琵琶湖の
12倍もある。

 

3月10日

標高3855mのプーノからティティカカ湖にある

ウロス島、タキーレ島へ日帰り観光してきた。

ツアーは泊まっていた宿の
マンコ・カパックインで
申し込み、
1人28ソルで交渉成立
(807)

 

ウロス島はプーノの桟橋から船で
約40分のところにある
トトラと呼ばれる
葦を積み重ねた浮島で、

大小合わせて40ほどの島が浮いている。

 

 

トトラは生の状態だとこんな感じで、

白い部分は少しサクサクしたスポンジ状で
食べてみるとごく薄甘い。
実際、食料にもしているという。

 

 

乾燥したものはこんな感じで、穴がよく見える。

 

 

<トトラを使った浮島の作り方>

既に土のように固まったトトラの土台もあるが、

トトラの根を縄で縛って土台を作り、

その上に葉を3mほど積み上げるらしい。

水に浸かった部分が腐ってきたら積み上げる、
の繰り返し。

浮島の上を歩いていると、ふかふかしていて

ちょっと揺れる感じもして、やや気持ち悪い。

 

 

トトラでできた住居
横のソーラーパネルがアンバランスで面白い。

 

 

ウロス島の女性たちは、
鮮やかな衣装を身につけていた。

 

 

 

全体的にみんなちっちゃくてかわいい。

(右のわたくしの身長は161cm)

 

 

次に訪れたのは、

プーノから約45km離れたタキーレ島

島内には電気も水道もなく、自給自足らしい。

 

 

ジャガイモやトウモロコシ畑が広がり、

 



 

農業と毛糸のポンチョや帽子、

織物などの手工芸品で
生計を立てている島であるという。

織物は全て手織り、編み物は手編みであるとのこと。

また、男女それぞれの服を異性が編むそうだ。

 

 

 

ツアー客のために披露された民族ダンス

 

 

標高4000m近いため島の上までただ歩くのに
息をきらせながら

「のどかでいいけども実際ここでずっと

生活していくのは大変だろうなぁ」と思った。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。