スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行、1泊、空港泊、1泊、夜行

 

南米旅行中に最も急いで移動した4月。

 

15日 9:30 バスでリオ・デ・ジャネイロを発つ

16日 17:30 サルバドールに到着 なお宿で1泊

17日 21:30 サンパウロへのフライト

       空港にて久々の空港泊

18日 8:10 サンパウロからサンチアゴ経由で

      16:40 ペルーのリマに到着

宿は再びホステル・サンフランシスコ

19日 14時発 夜行バスでグアヤキルへ

20日 16時 エクアドルのグアヤキルに到着

 

比較的スローペースな私には、

珍しく移動続きの1週間だった。

移動そのものよりもこのルートを実行するまでの

バスや飛行機のチケットの手配に苦労した気もする。

しかしやればできるもんだと実感。

 

 

やっと着いたグアヤキルでもゆっくりする間もなく、

22日からガラパゴスへ行く友人らに合わせるために

航空券を探したり、ガラパゴスの情報収集に追われ。

 

そして21日、前日ながらも翌日出発のチケットを

tame航空のオフィスで購入できた。

 

これでみんなとガラパゴスに行ける!

 

そもそもなぜこのタイミングで
ガラパゴス諸島へ行くことに
なったかというと・・・

 

ガラパゴスへ行く仲間が集まっていたことと、

ガラパゴス諸島への入島料が今年中だかに
現在の
100USDから値上がりする噂を聞いたため。

 

「それは早く行かねば!」というわけで急いで来た。

 

 

ところで南米8ヶ国目のエクアドルは、

リマを離れてペルー北部から陸路で入国した途端に

 

 




バナナ畑が広がっていた。

 

さすがバナナの産地エクアドル

 

 

もちろんエクアドルの食事にはバナナが。

 

 

ポテトフライの代わりのように添えられている。

 

これは焼きバナナ



焼きバナナとチーズ
(1.50USD)

 

 

焼かれて甘いバナナとチーズの

なんとも言えないコンビネーション、

そしておなかにズッシリとたまるボリューム。
食べてみるのは1回で十分かも。

 

 

さらに市販のバナナチップスの種類は多く、

甘いのものはバニラ風味などがあり、

塩味、チリ風味、オニオン風味などもある。

まるでポテトチップのようなバリエーション。

 

少し厚めに切って揚げられたバナナチップは

ポテトチップよりも食べ応えがあり、

個人的には止められない旨さ☆

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。