スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナウスにて

 

ペルー北部から川下りをしてくること2週間弱

 

やっとブラジルのマナウスに到着!!

 

 

ここでもジャングルツアーに参加するでもなく、

滞在目的は船旅の疲れを取ることと街歩き。

 

アマゾナス劇場 イタリア・ルネッサンス様式

 

 

やっぱり行くのは市場 マナウス・モデルノ市場

 

 

隣接したアドウフォ・リスボア市場


鱗を取り除き、切り込みを入れている。

 

 

 

 

まさに漁から戻ってきたばかりの船

 

 

 

マナウスは交通量も多く、大都会。

大型スーパーのカルフールもあり、

滞在中には何度も通った。

 

そう、「何度も」通うことになってしまった。

 

 

ここからバスで北上してベネズエラに入国する

という計画をしていた我々は、

6月4日()

バスターミナルにボア・ビスタ行きの

バスチケットを買いに出かける。

 

街の規模からすればショボいターミナル

やはりメインは航路か空路だからか?

 

 

 EUCADOR社 10時、18時、19時、23時発

所要 16時間くらい

料金は100レアル(5000)

 

翌日の18時発のチケットを買い、

マナウス滞在を2泊に留めて

先を急ぐことにしたのだが・・・

 

翌5日()17時半にバスターミナルに着くと

「バスはない」と言われる。

 

「何故?!チケットはあんのに?!」

 

ポルトガル語はスペイン語以上に分からず、

バス会社の人は図示してくれた。

 

それによればどうやら

「土砂崩れかなんかで道路が封鎖された」

と勝手に解釈。

それは運休せざるを得ない。

しかし今日まさに北上する気満々だった我々は

「笑うしかないね」と言いながらも呆然。

 

バスの運行再開はいつなのかと尋ねると

(明後日の)火曜日」

え・・・ほんとに?

 

怪しいとは思ったが、

まあ2日待てば行けるならそれくらい待とう。

じゃ、またあのホステルに帰るか

・・・と仕方なく再び荷物を持って

混雑したローカルバスをつかまえて乗り、

セントロへ戻る羽目となる。

 

19時前に汗だくになってホステルに戻った

ところ、数時間前に見送ってくれたスタッフが

「どうしたの?!」と驚いた。

 

もちろん、事態を知って同情してくれた。

 

2日後の火曜日にバスが出ることを信じ、

いや祈りながらマナウス滞在+2泊決定。

 

おかげでしばらくは更新できないと思われた

マナウスまでの船旅をブログに更新することが

できたのだが・・・。

 

つづく

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。