スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボア・ビスタ、パカライマへ

 

6月11日朝 バスは川岸近くに到着

といっても私が再度バスに乗車してから

数十m先で停車したのだが、ここで

全ての荷物と共に降ろされる。

 

ここからこの船で川を渡るとのこと。

 

 

まだ橋が建設途中のようなので、船で渡るしかない。

 

 

増水した川を上流に向かうこと1時間

 

私が見ていたのと反対の岸側を見ていたR介君が
後に言うには、

「屋根しか見えない冠水した地域があった」

とのこと。

 

このあたりの冠水が問題となって

バスの運行ができなくなったわけか。

 

船が到着したところから別のバスに乗り、

最終目的地ボア・ビスタに着いたのは

13:15

マナウスからの移動時間 合計19時間

 

 

ボア・ビスタからブラジルとベネズエラの

国境の町パカライマまでは日に3便のバスがあり、

EUCADOR社 71216時発 12レアル

 

国境の町ならば宿泊施設くらいあるだろうと

思ったので、約3時間後のパカライマ行きの

バスチケットを購入した。

 

16時 バスがボア・ビスタを出発

ボア・ビスタのバスターミナルは新しく、

インフォメーションはまだ工事中だった。

 

20時前 パカライマに到着

 

バスターミナル周辺にはいくつか宿があり、

歩いて100mほどの所の宿が手頃そうなので

そこに泊まることにした。

3ベッドあり、2人で泊まっても1室50レアル

トイレ・シャワー付きで朝食付きなのも嬉しい。

 

前回お湯シャワーがある宿に泊まったのは、

エクアドルのバニョスで5月14日だった。

ここパカライマの宿のシャワーが清潔で広くて、

また電気式のシャワーだったがお湯を浴びられて

疲れた身体にはより快適だった。

 

暑い地域ならば、水シャワーでも問題はない。

だが朝夕涼しくなるようだと、気合を入れて

浴びないといけない時も多々あった。

水シャワーしかないなら日中浴びればいいのだが、

「できれば夕食後、寝る前に浴びる」という

習慣だけは変えられずなるべくならば旅中も

夜にシャワーを浴びている私にとっては、宿には

電気式のシャワーがあって、水かお湯かを

調節できるものがあるといいなと思っている。

 

これがいわゆる「電気式のシャワー」

 

 

日本の一般家庭の風呂には存在しない道具。

私は未経験ですが、温・冷の切り替えのため

感電したことがある友人が何名かいます。

濡れた手で触る時や調節時はご注意下さい。

 

 

話は戻るが、南米9ヶ国目のベネズエラは

もうすぐそこ。

会話しにくかったポルトガル語圏のブラジルから

少しは意思疎通が可能なスペイン語圏に戻るのは

嬉しかったのだが、何しろ治安の悪さや

警察がらみのトラブルをよく聞くベネズエラ。

ブラジル最後の夜はさすがにやや緊張していた。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。