スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願のロライマトレッキング 初日

 

6月15日()

7時 サンタ・エレナ・デ・ウアイレンを車で出発

 

9時過ぎ サン・フランシスコに到着

シウダー・ボリーバルから来たガイドと旅人と合流し

参加者は合計9名になった。

メンバー構成は、ロシア人カップル、

アメリカ人男性、ポーランド人男性、

韓国人男性、そして日本人4名

男性7名、女性はロシア人と私の2名だった。

 

トレッキングのスタート地点は、ここから27km

離れたパライテプイなので、さらに車で移動した。

寝袋やマットを借りる人は、ここで配布される。

 

トレッキング申し込み時に

「ポーター無しプラン」で申し込んだ私とR介君の

荷物はここで今日運ぶことになる荷物約10kg

渡された。主に米やパスタ、瓶類などを預かり、

最終的に私の荷物はこんなになった。

 

 

自分の物だけでもリュック含めて約10kg

約束どおり10kg持たされたので、合計20kg?!

バックパック、パンパンじゃない。

いや~・・・想像以上に辛そうだ。

 

 

この時バックパックのプラスチックの止め具が

突然割れてしまい、焦りつつもすぐに別の部分と

交換してどうにかなったのだが。

「嫌な予感・・・。」

 

 

そんなこんなでパライテプイを11時前に出発

今日はおよそ中間地点のクケナンキャンプサイト

(標高1050m)まで歩き、そこで泊まることとなる。

 

 

晴れれば日差しを遮るものがないので、暑い。

 

 

 

こんな川を渡ることも。

 

 

 

途中林の中でランチ休憩

 

 

この後、自分の荷物が重いこともあり

みんなとはどんどん距離が離れていった。

 

 

最後に川を2本渡って、クケナンに到着したのは

16時頃

 

 

標高が低いこの付近は、日没までサンドフライの

プリプリが多く、みな不快そうだった。

アジア人5名はジャケットと長ズボンを着用して

虫刺されから完全防備の体制に。

しかしアジア人以外の客4名は平気な顔で

肌を露出しているから、不思議なもんだ。

「外人って、虫に強いね。何で?!」

 

 

18:40 ガイドとポーターが準備した夕食を

いただく。この日はミートソースのパスタだった。

 

 

ここにはもちろん電気がない。

月明かり、蛍、自分たちのライトだけ。

 

 

20時 月明かりを堪能し、

蛍を見ながら歯磨きを済ませ、やることもないので

テントの中へ。レンタルのマットと寝袋で就寝。

さほど暑くもなく、寒くもない気温だった。

 

 

我々は明日、ここからロライマ山の麓を目指す。

 

     ロライマトレッキングの通常の行程

1日目はサンタ・エレナ・デ・ウアイレンを

朝9~10時に出発。パライテプイで昼食をとり、

川2本渡る手前のテクキャンプ地まで歩く。

2日目はロライマ山の麓まで歩いて、宿泊。

3日目に登頂して、その後散策

4日目にロライマ山の上を1日散策

5日目は朝食後に下山し、1日目のキャンプ地へ

6日目は朝食後にパライテプイまで歩き、車で

サンタ・エレナ・デ・ウアイレンに戻る。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。