スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロライマトレッキング 3日目

 

7時に朝食をとり、その後今日も食材を中心に

合計10kg弱の荷物を渡される。

これを背負ってロライマ登頂を目指す。

 

 

 

同じグループの日本人男性G志さんが言うには

「持たされる食材より、俺の荷物の方が軽い!」

 

どれどれ。・・・確かに。

韓国人のキム君の荷物も10kg以下のようだった。

 

「修行だ。修行だと思って登りきるしかない。」

 

8時半頃にベースキャンプを出発してから

山頂の宿泊地「ホテルサン・フランシスコ」という

洞窟に到着するまでに撮影した写真は、たった2枚。

 

 

それだけ、この日はただただ必死だった。

 

 

今年登頂した友人Cちゃんからは

「3日目が一番辛い」と聞いていたのだが、

「これまでも辛かったし、今日は本当にきつい!」

と伝えたくて仕方なかった。

 

彼女からは「修行だと思って頑張って!!」

と来る前に応援されていたし、

周りにも迷惑をかけまいと必死で登るしかなく。

 

(↓後日下山時に撮影した写真)

 

 

ここ数日は天気が良かったらしいのだが、

昨夜から天候が変わってしまったために我々は

雨に濡れながら登頂を目指すことになった。

いつの間にか、パンツまで濡れていた。

 

 

順調に登っていく集団から取り残された私は、

ベースキャンプで荷物をまとめてから後に出発した

ポーターたちに山頂手前で追い着かれた。

 

 

ポーターに

「ここで一旦休憩しな」と言われて止まった場所。

本日の登山中の1枚目の写真

 

 

その後もなお、上り坂は続く。

 

 

そしてロライマでどうしても見たかったカエルを、

偶然にも発見!!

 

オリオフリネラ:

水かきがなく、泳ぐことも跳ねることもできない。

卵からオタマジャクシにならずカエルのまま孵化
する、
体長1.54cm程度のカエルだ。

ロライマ山と隣のクケナン山にしか生息していない。

 

 

「神様~、ありがとう~」

もうこのカエルを見られないかもしれないと思い、

必死でカメラを取り出して撮影したのだった。

 

 

ポーターの1人オマールは、山頂付近から

私が道に迷わぬようにと待ち伏せしてくれていた。

あんなところで待ち伏せするのは、寒かったろうに。

さらに私を見つけてから自分の荷物がある所まで

代わりに私の荷物を背負って、誘導してくれたのだ。

 

「オマール、あんたほんといい人だね・・・()

 

私は身軽になっても足が痛くて

オマールの歩行スピードに全くついていけず。

 

その後「ホテル サン・フランシスコ」という洞窟
まで
冷たい雨の中、風を受けつつ歩き続けた。

 

ジャケットは着ていたがほぼ全身濡れていたので、

気温15℃程度の山頂は非常に寒かった。

 

洞窟に着いてから急いで乾いたに着替える。

 

「ホテル サン・フランシスコ」は洞窟といっても

崖に窪んだ部分がある程度で、風やミスト状の雨が

吹き込んでくるために濡れるとより寒い。

 

 

このように、3日目は天候に恵まれず。

ポーターらが洞窟でホットチョコレートや

昼食を作ってくれ、それをいただいた後は

ほとんどが各々のテント内で休憩していた。

 

 

18時 夕食 洞窟内でクリームパスタをいただく。

 

ロライマ山の上(標高約2800)

噂どおりとても寒い!

朝晩はおよそ13℃前後だったようだ。

私は長袖のヒートテックを着て、長袖とフリースを

さらに着ても寒かった。

 

「あー、さみぃ!!」

 

レンタル寝袋の素材はダウンではなく、

かさばるだけでペラッペラの安っちい寝袋。

こんなもんじゃ間違いなく寒い。

銀色の非常用のブランケットを寝袋の中に入れ、

ガサガサとそれに完全に包まって寝た。

 

くたくたに疲れていたはずなのに、

寒かったのもありあまりよく眠れなかった。

 

ロライマトレッキング、かなりハードだわ。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。