スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルフォールツアーに参加

 

ギアナ高地にある最大のテプイ(テーブルマウンテン)

であるアウヤンテプイから流れる世界最大の

落差がある滝。その落差実に979m!ほぼ1km!!

落差が大きいために落下する水が途中で中空に拡散

してしまうために滝つぼが存在しない。

 

知ってる~、テレビで観たことあるアレでしょ?

可能ならばいつか見てみたいと思っていたが、

まさか自分が実際に行くことができるとは

思っていなかった場所の1つ。

 

ロライマ山で若干燃え尽きた感はあったものの、

「雨季のエンジェルフォールは迫力があって良い」

と聞いていたし、なんせ通り道ですからね。

そりゃついでに行くしかないでしょう!!

 

というわけでシウダー・ボリーバルから

6月25~27日の2泊3日でツアーに参加。

 

6月25日 朝7時過ぎ

まずはシウダー・ボリーバルからプロペラ機で

エンジェルフォール観光の拠点となるカナイマへ。

 

機体はちょっと古いし、揺れるし、操縦者は

手を離して隣の客とおしゃべりしていたし、

なんだか落ち着かない約1時間のフライトだった。

 

 

カナイマにある、カナイマ湖

アウヤンテプイから流れてきた水でできた湖。

森林を流れてきた水はタンニンを含んでいるために

「紅茶色をしている」って聞いたがほんとだね~。

 

 

お目当てのエンジェルフォールは

この湖に注いでいる川の上流にある。

が、そこはまだお預け。

初日はカナイマからすぐ近くの

エル・サポの観光に連れて行かれた。

 

カナイマ湖に注ぐ滝の前をボートで渡る。

 

 

「つまりは滝の裏側を歩くだけでしょ?」

ついでだから行くかという感覚で行ったら

 

 

これが結構凄かった。というより、とても濡れた。

 

吹き上げてくる滝の水量が多くて

途中目を開けるのも大変だったほど。

 

 

そして落差40mの滝を見物


近くまで行くことも可能ですが

 

 滑りやすい足元にご注意下さい!!

 

 

滝の上からはこんな風景が広がっている。

 

 

ここで参加者の平均年齢が50代以上の

15名ほどの日本人旅行者団体に出会う。

腰が低そうな見た目は草食系の添乗員付き。

 

「一体、このツアーは何十万したんだろ」

ネットで調べてみると、日本発着の

エンジェルフォール目的の68日のツアーで

最低50万円はするようだ。

 

「おぉ・・・さすがにそんくらいはするか」

ちなみに貧乏旅行者の私は23日のツアーで

1800BsF、約240ドル(19200)

 

桁が違う。

まあでも私もここまで来るのに結構かかってるし。

でも日本からの航空券、宿、食事など全部込みで

何かとめんどくさいベネズエラ旅行を

誰かに案内してもらえるなら高くはないかな。

 

長期旅行者以外の久々の「日本人」を見かけ

そんなことを思ってしまったのだった。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。