スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティカル遺跡へ行ってみた。

 

グアテマラ北部にあるマヤ文明の政治、経済の
中心都市として
2500年前に繁栄を極めたティカル。

1696年にスペイン人宣教師ら一行が道を見失って

迷い込んだジャングルの中で発見された、

熱帯雨林地帯で栄えたマヤ最大の神殿都市。

1979年、世界遺産の複合遺産に登録されている。

 

 

ふむふむ、ぜひ行ってみよう。

 

ティカル遺跡の拠点となるのはフローレス。

ここから遺跡へのシャトルバスが運行されており、

ガイド無しの交通機関のみでも申し込め、Q60

英語・スペイン語ガイド込みだとQ150

私はもちろん英語を理解する自信もないので

ガイド無しで申し込んだ。

 

7月25日

4:30からシャトルバスが運行されており、

人が少なくて暑くなる前に観光したかったので

5時発を申し込む。

 

暗いうちから宿まで迎えに来たシャトルバスに乗り、

フローレスから約60km離れたティカル遺跡へ。

 

 

7時頃に園内へ案内され遺跡へ向かい始めた途端、

雷が鳴り始めた。そして雨季特有の強い雨。

「ちょっとしたら、止むよね?いざとなったら

濡れながらでも見学するけど。」

早く雨が止むのを願いつつ、持参していた軽食を

食べつつしばらく雨宿り。

 

 

Hもしないうちに雨が止んだだろうか。

ようやく遺跡見学を始める。

 

こんなジャングルの中を歩いて・・・

 

 

これこそ、ティカル遺跡!!

 

 

Ⅰ号神殿 修復中のため足組みがあるのが残念。

 

 

向かいのⅡ号神殿には登ることが可能だが、

木造の階段が設置されていた。

 

 

Ⅱ号神殿からの眺め①

 

 

Ⅱ号神殿からの眺め② ノース・アクロポリス

 

 

鬱蒼としたジャングルの中でこれらのピラミッドを

発見した宣教師らは、さぞ驚いたことだろう。

 

 

Ⅱ号神殿からの眺め③ 西側 Ⅲ号神殿が見える。

 

 

住居跡と考えられるセントラル・アクロポリス

 

 

ティカル遺跡の「Lost World=失われた世界」

(私にとってはロライマこそLost Worldなんだが。)

 

 

園内にはハナグマもいたし、こんな動物も見かけた。

 

 

日が昇ってきて晴れると暑くなるし蚊もいるし、

あまりのんびり観光する気になれず。

中心部だけを見て約3H。ひととおり見学し終え、

12:30発のシャトルバスで帰ることにした。

 

 

こうして遺跡を訪れてみると当時の建築技術の高さ、

また美意識の高さなどに驚かされるものだ。

現代人より、ある意味ずっと賢い人がいたんだろう。

 

 

完全なる余談だが

私からフローレスからパレンケ行きのバス代を

Q35ぼったくろうとした器の小さいガテ人エンリケ、

おめぇも先人を見習えよ!

たかがQ35(350)程度でモメた私も私か・・・?

 

 

ティカル遺跡の観光のポイント

○フローレスからシャトルバスで往復Q60

帰りのシャトルは12:30発からあり、

1718時発までの毎時1本で好みの時間で帰れる。

○入園料は別途Q150

○晴れると日中暑いので、朝イチで行くと良さそう。

○水は必ず必要。軽食を持参すると良い。

○蚊がいるので長ズボンの方がいいし、要虫除け。

○結構歩くので歩きやすい靴で行くべし。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。