スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都ハバナにて

 

旧国会議事堂(カピトリオ)

 

 

旧市街のランドマーク

 

 

そこら中にクラシックカーがあって博物館みたい。

 

 

古い車を大事に使い続けるのもいいけど、

燃費はとても悪そう。しかも廃棄ガスも多いし、

環境にはやさしくないだろうね。

 

 

 

ゲバラ博物館へ行ってみた。

 

 

 

 

料金(博物館入場料6、周囲の入域料1)

計7CUCのわりに大した展示がなかったのが残念。

 

 

ここがチェの執務室だったそうで。 ほぉ~。

 

 

博物館のすぐ近くからはハバナ市街がよく見える。

 

 

キューバといえば、葉巻。

パルタガス葉巻工場の見学へ。(工場内は撮影禁止)

 

見学料は10CUC

案外コレって貴重な収入源なんじゃないか?!

大嫌いなタバコの臭いと闘いながらの見学だった。

 

1日あたり何本の葉巻を作れたか数えられ、

品質もチェックされるそうなので

わりと一生懸命働いている人が多かった印象。

 

いるというのは聞いていたが、

見学者に自分が作った葉巻を直接売ろうとする人も

本当にいた。小遣い稼ぎですな。

 

 

工場で働くためにはまず研修生となり、

1日140本といったノルマを達成できるように

ならないと最終的に働かせてもらえないそうだ。

 

月収は250CUP300CUPから役職により500CUP

つまり月収が約800円~。

それでも葉巻工場の労働者は収入がいい方らしい。

 

 

工場併設のお店で葉巻を買うと
商品により値段は異なるが

こちらの高めのコイーバは1本16.15CUC、約1292

軽くキューバ人の1ヶ月の収入を越えている!!

 

 

ラム酒メーカー「ハバナクラブ」の博物館へ

入場料7CUC

 

 

こちらの展示はまあまあしっかりしていた。

 

かつてサトウキビが持ち込まれ、

アフリカから奴隷を連れて来て、彼らに

サトウキビ栽培をさせたそうだ。

 

最後に7年もののラム酒の試飲付き

 

 

実はラム酒についてよく知らなかったけれども、

改めて調べてみると歴史が古いんだねぇ。
 Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E9%85%92

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。