スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青年の島」、行ってみる?!

 

特別自治体で、

キューバに移住した日系人も住んでいるという島。

行ったことがある人の話を聞いたことがないので

「行ってみる?!」というノリで交通手段を調べに

トリニダーからハバナに戻って来た。

革命広場近くのバスターミナルで

行き方を調べてみたら、交通費がえらい高かった。

 

ハバナから青年の島へは片道56CUCかかる。

ハバナからスルヒデーロ・デ・バタバノまで
バス5
CUC

スルヒデーロ・デ・バタバノから島まで
船代51
CUC

 

そんなに高いの?!

というわけで青年の島行きは却下。

 

キューバでの滞在日数がまだ残っていたので、

ビニャーレスの谷へ行くことになった。

 

ハバナからビニャーレスまでは

Transtur社が運行しており、

Hotel Ingraterra前を8時発、12CUC 約4H

 

 

さてここビニャーレスはどんなとこかというと・・・

かわいらしい平屋が並んでいる小さな集落であった。

 

そこら中に民泊できるカサがあり宿探しは困らない。

 

 

峡谷を間近で見るには車で行けないので
乗馬で行くらしいが、

乗馬にはどうも惹かれなかった我々は
タクシーで周囲を
ぐるっとまわってみた。
1台
1012CUCで交渉可能

 

まずはインディヘナの洞窟へ (5CUC

 

こんな風に洞窟内をボートに乗ることができる。

「ちょっとアトラクションみたいだね。」

 

 

サン・ミゲルの洞窟 (1CUC

ただの短い洞窟で、行く価値はない気がする。

 

 

洞窟を抜けたらこんなパフォーマーがいた。

 

 

プレイストリアの壁画 (入場せず)

あんまり見応えがあるようには見えず車から見た。

 

 

最後にビニャーレスの谷が一望できる展望台へ

 

 

え・・・?こんなもん・・・?

 

 

 

Transtur社のバスのガイドによれば

中国、ベトナム、タイ、そしてキューバにしかない

地形なんだそうだが。

なんだかがっかり。

いや、あまり期待はしておりませんでしたが。

 

 

ビニャーレス自体は良いとこだけども

時間がある人は行っても良い場所だと個人的には思う。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして!

はじめして!
僕はアメリカと国交が正常化する前にキューバツアーを企画してキューバに行こうとおもってます!
キューバに元々興味あったんですが、今年行くと決めてから色々調べ始めて、キューバの良さをめちゃくちゃ知って、とてもキューバを好きになりました!
たた、キューバが好きなら1人で行けばいいことなんですけど、僕はツアーで行こうとおもってます!
なぜなら、僕は、観光本を見て観光地を回る旅は全然リアルを見れないと思ってます。
それを持って行ったら、そこに載ってるところしか行かない、その旅のパターンが決まってしまう、現在の旅はとても貧しいです。
そんな現在の旅の形を壊したいと思い、ツアーを企画しました。
僕は思います。旅とは、産み出すものであり、現地を知るためのものだと。
そんな新しい形のツアーをやろうと思ってます!

そのツアーをやるにあたり、行く前にキューバにいる人達とあらかじめコンタクトを取っておきたいと思ってます。
できれば、日本語か英語が通じて、海外の人と繋がりたい、グローバルな視点の人、日本人に興味がある人、協力してくれそうな人、誰でも構わないので、
そんな人を知りませんか?

Re: はじめまして!

何年も前のブログの記事ですが、ご覧いただきありがとうございます。

アメリカと国交が正常化する前にキューバへ渡航するのは、とてもいいアイディアですね。

キューバ人の知り合いはおりますが、
申し訳ありませんがこの返信で、ましてやブログ上で
その方の連絡先をお知らせするのは控えたいと思います。

キューバはネット環境が悪いため、
4年前は医師や弁護士、大学職員などある程度の職に就いている人しか
メールのやりとりはあまりできないようでした。
おそらく森さんが思っていらっしゃるほど、
現地の方とのやりとりは簡単ではないと思われます。

ご自身がキューバへの渡航歴がないのにツアーを企画するのは、さぞ大変なことでしょう。
ただ、ビジネスでもないのに
見知らぬ日本人のキューバ旅行の企画をお手伝いするとなると
一般のキューバ人にはとても大変なことだと思います。

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。