スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報ノート ミャンマー旅行について

 

以下20121月上旬の情報です。

 

<銀行での両替について>

ミャンマー旅行には

基本的に汚れていない、

折れてもいない(USD)新札が必要。

小額紙幣の方がレートは悪い。

 

16日 ヤンゴンにて

USD100札だと1ドル当たり805

112日 マンダレーにて

USD100札→810

USD50札→790K

ヤンゴンやマンダレーなどの大きな都市でないと

銀行での両替はできないようだった。

 

 

<闇両替について>

以前は当たり前のように使わざるをえなかった

闇両替は銀行での両替が可能になって減った印象。

 

スーレーパゴダ周辺で声をかけてくる闇両替は、

言ってくるレートは良いけど非常に怪しく

トラブルも多いようなのでオススメしません。

ボージョーアウンサンマーケット内のとある

闇両替屋を利用しましたが、私は大丈夫でした。

USD20札→800K

 

 

<滞在費について>

私は17泊の滞在でヤンゴン、バガン、

マンダレー、インレー湖、チャイティーヨーを訪れ、

合計324ドル使いました。(1日当たり約19USD)

※旅のスタイルはいわゆるバックパッカー

 

236ドル分をチャットに両替して使い、

USD現金での支払いは88ドル分でした。

※宿代や入域料はほとんどUSD現金なので、

滞在予定費の全額を両替しないで下さい。

 

移動や観光が多ければ交通費がかさむため、

滞在箇所が少なければもっと安く済むはずです。

 

 

<宿情報>

ヤンゴン

     ホワイトハウスホテル

朝食のビュッフェが豪華で素晴らしい。

たぶんシングルUSD12

ツインはUSD17

いつも受付に座っている男性スタッフは

非常に親切。日本在住歴あり、日本語が話せる。

日本語しか話せないお客さんに対しては

日本語で話すが「怪しまれるから」という理由で

普段は基本的に英語しか話さない。

 

現在の混雑状況は分かりませんが、

年明けは欧米人旅行者も多く、常にフルでした。

過去に滞在歴がない方の予約は基本的に

受け付けていないため、早いもん勝ちです。

ヤンゴン初日に泊まるのであれば、

空港からすぐ向かうのが良いかと。

チェックアウト直後の空き部屋を

確保できる可能性が高いので。

空港から中心部までのタクシーは、

空港内の客引きと交渉すると当然高めで

USD10くらい?

 

空港の敷地から出て歩いてみて、

流しのタクシーの方が安かった。

 

 

②オキナワ

最も安いのはロフト部分にある

ドミトリーでUSD7。朝食付き。

 

バガン

     PYINSA RUPA

ツインUSD15

シングルはUSD10くらいかと。

宿でレンタサイクル1500K/日

 

 

<バス>

ヤンゴン→バガン 夜行バス13000K

バス会社により1200015000Kくらい。

 

ヤンゴン発の各地への移動は

駅の北側にあるスタジアム周囲に

チケットを扱う店舗がいくつかある。

 

バガン行きのバスは中心部から少し離れた

アウンミンガラーバスターミナルから発着。

チケットはバスターミナルまでの

交通手段込みの会社と別の会社があるので、要確認。

中心部からバスターミナルは特に夕方以降は渋滞し、

ターミナル内でバスを探すのに時間がかかるため、

路線バスなど自力で行く場合は余裕をもって。

 

私は送迎バス代1000K払い、チケットを買った

オフィス前からターミナルまで移動しました。

自力で路線バスを使って行けば安いはずですが

荷物も大きいので、それで正解だったかと思います。

 

 

<インターネット環境>

ネット屋は主要な町なら各地にありました。

料金は ヤンゴン500KH

マンダレー 1000KH

 

WiFiは期待しない方が良いです。

ヤンゴンのTokyo Donuts

(Mister Donutsのパクリのチェーン店)

WiFiがありましたが、遅くて不便でした。

普通の安宿にはWiFiはありません。

 

ミャンマーだけに開けないサイトも存在し、

検閲されているという噂も聞きました。

 

 

<裏技?こぼれ話?>

闇両替が主流で物価が安かった頃は

パスポートを更新するために訪れる

節約型の旅行者が多かったらしい。

 

物価の上昇=滞在費の大幅アップと

固定レートでの両替開始に伴い

「パスポートの更新のために

ミャンマーへ行く価値はない」

と言っていた人にバンコクで会いました。

 

 

これらはすべてご参考までに・・・。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。