スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<情報ノート ラオス南部→カンボジア入国について>

 

2012年3月25日()の情報です。

 

結論から言うと、

ラオス出国スタンプに2USD

カンボジアアライバルビザに20+3USD

カンボジア入国スタンプに2USD

 

合計27USD必要だった。

どっちの国も、腐ったイミグレ官め (`・д・´)

 

 

以下、その流れをご紹介します。

 

デット島・コーン島からカンボジアに向かうには、

いずれにせよナーカサンからバスが出ている。

 

ナーカサンからシェムリアップ、プノンペン、

バン・ルンなどカンボジア各地へ行けるが、

大抵国境を越えたところやストゥントレンなどで

車を乗り換えさせられる。

バス会社の写真にはVIPバスの写真が載っているが、

行き先によって大体ミニバンで行かされるよう。

 

ナーカサンのバス会社でチケットを購入すると、

カンボジアの出入国カードとビザ申請用紙がもらえ、

その場で記入しておける。

そしてパスポートを預かられ、30USD請求される。

 

んんん?30USD??? ちょっと高くね?

 

カンボジアのビザ代は『基本』20USDなので、

「自分でやる」と言ったらスタッフは不機嫌そう。

 

周囲の外国人のほとんどは30USDを渡す中、

自分と他2人だけ自力でやるのを選択した。

 

ラオス国境で出国スタンプをもらおうとしたら

当然のごとく「2USD」を請求される。

(前の外国人男性はどんなにごねても無駄だった)

 

歩いてカンボジア側へ行くと、

右手のビザ申請小屋の手前の路上にテントがあり、

そこで「健康チェック表」なるものを
あたかも当然の義務のように記入させられる。

体温を計られ、その後黄色の別紙を渡され、

「1USD」と要求される。

そのスタッフは
「この用紙がないとビザ申請できない」

と言い張るが、実際はなくても申請できたので

無視して大丈夫なはず。(私は払わず立ち去った。)

 

バス会社に30USD払って出入国や
ビザ申請の代行など
全てを頼んでいる集団には
ここで用紙の記入を
無理にさせていなかった。

チェック表の記入と称した小遣い稼ぎの人たちか?

 

ちなみにビザ申請には顔写真が1枚必要だが、

持ち合わせていない人は25USDを払わされていた。

仮に写真はなくてもお金で解決できるということか。

 

別の小屋のカウンターで入国スタンプをもらうときに

「2USD

ここでも当然のごとく要求される。

 

 

よって自力で出入国しアライバルビザを得た場合は

最低27USDかかると分かった。

 

入国してからは代理申請した外国人集団の
パスポートの
返却までしばらく待つことになるので、

既にビザを持っている人は時間のロスに感じるかも。

 

この日ナーカサンを出発したのは確か9時半頃で、

カンボジア国境から各地へ向かったのは12時前
 

 

以上、ご参考までに。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。