スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プノンペンからチャウドックへ


プノンペンでは
Capitol3の個室に泊まっていた。

(シングル、ファン部屋5USD)

 

すぐ近くのCapitol toursDELTA ADVENTURE

のチャウドックまでの船を45日に購入。

21USD

このルートでの国境越えは自力ではムリなので、

多少割高でもこのような国際船で渡るしかない。

 

翌4月6日朝7時半にCapitol toursで送迎車を

待て、とのことだが、一向に来る気配なし。

 

念のため受付のお姉ちゃんには7時半過ぎに

「迎えが来るんだよね?」と存在をアピール。

 

7:55 まだ来ない。

忘れられると困るので再度受付にアピール。

すると携帯で会社に連絡を取ってくれた。

数分後「この人についてって」とトゥクトゥクの

おじさんを指している。

 

やっぱり。迎えに来るのを忘れられていたんだ。

 

船着場へ着くと、制服を着た人らに案内された。

「迎えに行くのを忘れてごめんなさい」という

一言ももちろんなく、うすら笑いで。

 

船内には既に外国人旅行者が9人乗船していた。

 

乗船後、5時間半くらいでチャウドックに着く

という説明がありさらにパスポートを預かられ、

その後「出入国手数料1USD」を請求される。

「またか。結局どこの国境でもあるのか」

と思い、仕方なく支払う。

 

8時過ぎに出航したが、11時頃に謎の休憩。

後に分かったが、時間調整のためだったようだ。

この時小さな町の食堂でフォーみたいな麺を

出され、希望者は食べた。(食費は会社持ち)

 

12時過ぎにベトナム側からの船に乗り換える。

13時半頃 カンボジア国境で出国

14時前 ベトナム国境で入国

 

川沿いにあるイミグレから取った写真

 

 

んんん?そういや最初の船で払った手数料って?

騙し取られたという疑いを抱かずにはいられず。

でもまあ、1USDくらいいいか。

近隣のラオス・カンボジア・ベトナムの出入国では

それに関係する会社をも外国人旅行者からは

「手数料」を徴収するのはきっと当然なのだろう。

 

この時点で既に到着するのはあと1時間ちょっと

と分かっていた。5時間半て、嘘じゃん。

朝は迎えに来ないわ、遅れるわ、手数料は取るわ。

前評判どおり、ベトナム人や会社は信じられない。

 

 

1USDやら時間やらを気にし過ぎているのもあるが、

これにはワケがあり。

以前から旅人に聞いていたベトナムの感想は

「ベトナムはちょいちょいぼってくるから
 面倒だけど、
飯は旨い」

「偽者の会社が本物のバス会社よりも割り増しで

チケットを販売しているから偽会社に気をつけて」

「何件もバス会社を回って値段を確認した方がいい」

 

そうですか・・・、ベトナム人は結構めんどくさそう。

また、お金に関するトラブルが多いようなので、

初のベトナム入国には気合が入っていた。

 

 

15時半頃にチャウドックの川沿いの宿で

船を降ろされる。

12日などのツアーで参加している人はここで

宿泊するが、それ以外の人は速攻見放された。

 

「市場近くで降ろされると聞いたんだけど、

市場はどこ?」と尋ねると

 

お昼ご飯は我々の機嫌を取ってご馳走してくれた

ここの宿の主人らしいベトナム人のおじさんは

「あっちだよ!600Mくらい?近いでしょ!」

と言い放った。

 

ベトナムの第一印象、残念ながら悪い。

タイ人の微笑みは嘘だ、と言う人もいたけど

微笑まないベトナム人よりも断然いい。

 

2012年4月6日ベトナム初入国の感想。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。