スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャウドックの市場

 

プノンペンからの船での移動中は暑かったし

チャウドックに着くのが2時間も遅れた上に

着いた場所からの宿探しで早速バイタクとの交渉

などがあり疲れたので、

「チャウドックは市場を見るくらいでいいや。」

と観光意欲減退。

市内の銀行のATMで現地通貨ドンを入手し、

市場をうろついた。

17時近かったので閉店準備をする店も多く。

 

これがチャウドックで有名な発酵調味料マム

 

 

ずらりと並ぶマム屋さん

 

 

カニの丸ごともあるようだ。

 

 

あるお店のおばさんが味見させてくれたものは

お漬物みたいな味でご飯に合いそうだった。

 

野菜や果物も多く売っていたけど、

カンボジアの市場と大きな差異はなさそう。

干した魚類もこんな感じで売られていた。

 

 

発酵調味料に乾物。独特な匂いが漂う市場だった。

 

 

帰り際、突然出口付近の屋台で声をかけられた。

「食べてきなさいよ!」と言っているような

おばさんの誘いにのってみる。

 

・・・ナス・・・?

 

 

中身はこんな感じ

 

 

皮をむくとプルンとした半透明の果肉が入っている。

 

 

氷とココナッツウォーターかなんかを混ぜた

うす甘いジュースに果肉を5~6個入れてくれた。

これで1万ドン、約42

見た目はナタデココだが歯ごたえはほどほど。

コレそのものの味は薄いけど、清涼感あり。

乾いた喉に潤いを与えられた。

 

 

ベトナム語って口調が荒く聞こえるし

発音が難しいからなかなか通じない。

人種は我々に近いから、中国人にも見える。

少しでも話せたらもっと旅しやすいんだろうな~、

とベトナム語を専攻していた友人を思い出す。

現地語を話せなくても旅をするくらい、

いつものことだけどね。

 

チャウドックでは英語があまり通じなかった。

大きな単位の数字を言える人も少なくて

値段を聞く度に指で答えられたりした。

 

日が暮れてから個人経営の塾みたいな

授業をしているところがいくつも見えたけど、

ある場所は数学を教えている風だった。

 

(外国)人を騙さないという道徳観念も

ぜひ教育に盛り込んでほしいものです(笑)

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。