スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたにとって「旅」とは?


Facebook
で繋がっている知り合いがこの問いに

「生活」と書いて写真に写っていたのを見かけた。

(質問者は旅先で人に問い、書いてもらっている

ようなので面白いアイディアだな、と思う。)

 

 

詳しくは知らないが、そう答えた彼は少なくとも

1年前から現在もなお、南米大陸を所々で滞在

しながら旅を続けている。

 

 

彼と私では旅の期間やエリアが異なるにしても、

旅を「生活」と答えたことには共感できた。

 

そう、今ではもはや旅が「生活」になっている。

 

 

旅先の情報収集をし、どこへ行くか決める。

 

次に訪れる場所への交通手段を確保する。

 

着いた先々でその日に泊まる宿を探す。

 

観光を含め、予定を立てて実行する。

 

必要なものを買うためや安価な食事をするために

市場や商店、地元の食堂へ行く。

 

 

旅の初期は、どれもが新鮮だった。

 

初訪問の国に入ったときは、もっと興奮した。

 

 

日常化するほど旅してきたので新鮮味に欠けるのは

もったいない気がすることもある。

とはいえ、自分が受ける感情は変えられない。

 

 

「もう私は半年も旅できない、3ヶ月位がいい。」と

言っていたある友人を思い出す。

確かに、旅が非日常である間がいいのかもしれない。

 

 

 

先日ホーチミンで知り合った韓国人大学生は

これまで1年半ほど旅をしていて、

「もう旅に疲れたから早く韓国に帰りたい」と。

 

また、2年半以上の旅をしている私に

「年単位で旅なんて、もはやそれ仕事でしょ?」と。

 

「仕事・・・?」

でもそう言われてみれば、そうかもしれない。

「ここまで来たらあそこもここも行っておこう」

と盛り込んだ結果の2年半もの旅なのだ。

 

 

 

今日も長距離バスで次の街を目指す。

着いた先では手頃で快適そうな安宿を探す。

現地の人に親切にされるだけで観光名所の

良し悪しよりもそこが良い場所だと思う。

地元の人が集まるような食堂で安くて

美味しいご飯を食べられることが幸せ。

 

もうしばらくこんな旅=生活が続く。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。