スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2泊3日のハロン湾クルーズ①

 

2012年4月22日

17時半頃にフエから発つバスに乗るまで

ハロン湾クルーズ船に乗るバイチャイまでの

夜行の寝台バスに乗れるのかとずーっと思っていた。

 

 

 

が、違った。このバスはハノイ行きだった。

 

「あのダナンのTrekking Travelのおやじ、
 再確認したのに騙しやがって!」と悔しがる。

 

「フエからバスで移動して、
 そのままクルーズに行けるの?

ハノイを経由しなくていいの?!」と
 英語で尋ねたのに。分からないフリしたな。

 

「クルーズ、どんだけぼったくられたんだろ?!」

と疑わずにはいられなかったが、
もはや支払ったもんは仕方ないので

「満喫したろーじゃないの、2泊3日」と
努めて心を切り替える。(しばらく腹立たしかった)

 

バスに乗車する際にスタッフに確認したら

「明朝ハノイのオフィス前からハロン湾行きに

乗り換えろ」、とのことで
この晩はひたすらバスで移動。

2度目の寝台バスは18時頃にフエを発った。

 

 

4月23日8時前にハノイのオフィスに到着

8:45 外国人観光客を乗せたバスの迎えが来た。

 

 

12:45 船に乗船 これが豪華な船・・・か。

 

 

 

13時 船で昼食

 

 

ハロン湾を眺めながらの食事は(味も量もそこそこ)

シチュエーションは贅沢だった。

 

 

 

昼食後、ティエンクンという鍾乳洞へ入る。

 

天井部分が高く、20mあるらしい。

 

 

 

ライトアップ、派手?カラフル過ぎじゃ・・・?

 

 

 

15:30頃

まさかの金持ちインド人のおっさんとシーカヤック

(他に組む人がおらず、仕方なく一緒に、と誘う)

 

まー、初めは息の合わないこと合わないこと()

方向転換も一苦労で、やっとここまで来られた。

 

 

 

イングランド人カップルはスイスイ漕いでいた。

 

 

 

写真撮影に夢中のインド人のために
何で私が必死に漕ぐんじゃい!

と思いながら前で漕いでいる私に「自分を撮って」
当たり前のように頼んできたが、

「ムリ!」と断ったら自分撮りしてた。

なんだよ、自分でできんなら最初から撮れよ~。

 

しかし何でそんなに自分が写りたいんだろうか。

 

 

シーカヤックから見たハロン湾

 

 

 

コレコレ、こういう景色が見たかったのよ!

 

 

 

19時に夕食 メニューは

スープ、生春巻き、魚や鶏、オニオンフライ、

菜っ葉のいためもの、ご飯、パイナップルだった。

昼ご飯に比べてボリュームたっぷり。

 

 

21時前にナントレストランスペースで

KARAOKEが始まった!!(しかも音痴)

 

 

夕食前の時間もパソコンでブログの文章を打ったり
写真を整理するために1人でいたが、この状況では
ますますあの外国人集団には近づきたくない。

 

 

どんなツアーに参加しようとも、
他者に迷惑をかけず

自分の好きなように過ごさせてもらいますよ。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。