スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親切なバングラデシュ人たち

11月5日(木)

「できれば今日中に国境の町ブリマリから

ディナジプールへ行けたらいいな」と思っていたら、

偶然ディナジプールに行く青年とバスで出会えた。

襟付きの桃色の長袖シャツを着ていて、清潔感がある

30歳前後のミシュトラ・アジス氏。職業、兵隊。

ブリマリから乗ったバス

この日ディナジプールに着いたのは20時。

暗い中、ましてやバングラ初の宿探しは不安だったが、

彼は町で一番良い宿のホテルダイヤモンドで

一番安い部屋(225タカ)を決めるまで、

なんと自ら付き添ってくれたのだった!

「何かあったらここに電話して」と携帯番号まで

書き残してくれた。

彼はあまり英語を話せなくても一生懸命説明して

くれて、宿探しまで手伝ってくれた本当に親切な

バングラデシュ人。オネーク・ドンノバッド。

ブリマリからの運転手もチケット管理のスタッフも、

私が無事に辿り着けるように心配してくれていた。

バングラデシュ入国初日、

バングラ人には親切な人が多くて感動した。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。