スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光客はとにかくからまれる

11月9日(月)

今日は観光地や博物館に行くでもなく、

ぶらぶらとラジシャヒの町を歩いてみた。

リクシャーがベルを鳴らして走る道路から

細い道に入ると、市場が続いていた。

日用品やらを売る区域もあれば、

米、野菜、果物屋、その場でヤギなどの肉を

さばいていたり、生きた鶏を売っていたり。

また、ポッダ川(ガンジス川)に面しているので

魚売り場もあった。

魚売り場では氷を使っているところもあったが、

大体は常温で売られていた。

今日は「写真を撮ってくれ」と頼まれて、

何枚の写真を撮ったことか。

その一部をご紹介します。

<市場の様子>

野菜売り場

バナナ屋

鶏屋

肉屋

鮮魚売り場

食事をした食堂のオーナーたち

路地を歩いていたら突然「うちに来て」と

言われてお邪魔した隣のオカマっぽい人

(ダンサーらしい)の部屋にて。

10人以上がこの部屋に押し寄せてきて、

何枚も写真撮影が行われた。

 

オカマっぽいこの男性は会ったばかりで

英語も通じないのに写真を撮るときには

顔を寄せてきたので、驚いた。

何枚も写真を撮られて満足したのか、

あっさり解放してくれてほっとしたものだ。

 

毎日たくさんのバングラ人に話しかけられるが

みんな好奇心から話しかけてくるので、

(インドみたく)悪い人はいない。

たまには静かに自分のペースで過ごしたい時も

あるけれども、バングラにいる以上は

人の視線と声かけは避けられない。

それがバングラデシュ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。