スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケット・スティーマーに乗船

11月13日23時~15日7時

13日夕方、マネージャーと村からバスで

クルナに戻った後、ロケット・スティーマーの

乗船まではオフィスで待機させて下さった。

22時半にクルナの船付場にいると、

「この船だよね?」というぼろい船が到着。

ディーゼルエンジンで動くオールド・スタイルな

外輪船。現在このタイプの船が使われている国は、

数カ国のみらしい。

 

クルナ→ダッカ間の1等キャビン(VIPルーム)は、

シングルで2380タカ

私のバングラ滞在での約5日分の費用にあたる。

かなり大きな出費だけども、

バングラの旅のハイライトである船旅を、

1等キャビンでゆっくりするために奮発した。

整えられたシングルベッド

自分だけのシャワーと洋式便座

多くのバングラ人から解放されたばかりで

あったため、ここが余計に快適に感じられ、

興奮のあまりちょっと寝付けなかった()

 

ちなみに1等キャビンには外国人旅行者か

リッチなバングラ人しかいません。

ちょっとお金があるバングラ人は2等で、

バス・トイレは共同。

ほとんどのバングラ人は、

板の雑魚寝スペースを奪い合うことになる。

人口密度が高いと、蒸し暑くなっていた。

(彼らの視線が痛くて写真には収められず。)

また、きちんと個室にはなっていたが、

ただ穴の開いた共同トイレを使っていた。

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。