スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのナンキンムシ

11月19日(木)

バングラでのホテル滞在最後の夜、

身体のあちこちが痒くて何度も目覚める。

「蚊は飛んでいないのに」と思いつつ、

虫刺されを塗り直しては眠ろうと試みる。

午前4時半「もうたまらん」と耐えかねて

起き上がって電気をつけてベッドを見ると、

数mmの赤褐色の虫。「犯人はコレか?」

偶然にもこの数時間前に日本人旅行者Y氏に

ナンキンムシの話を聞いたばかりだったので、

「まさにコレこそがナンキンムシ?!」と

思うと同時にその虫を指で潰してみると、

赤茶色の体液がシーツに染み出る。

「おぉっ!!きっと間違いない!!」

その後ベッド上で見つけた虫5匹を潰した。

蚊による虫刺され跡とは違い、

局所的にいくつも赤く腫れている虫刺され跡。

水のシャワーを浴びて、全身チェック。

両腕、肩と背中から腰にかけての虫刺され跡。

「あらら~。嫁入り前なのに()。」

後日確認できるように、潰した虫と

虫刺されの跡を写真に収めてみた。

撮影しにくい肩や背中の虫刺され跡に必死で

カメラを向けては、「まさかこんな夜明け前に

自分の皮膚を撮ることになるとは」と苦笑い。

だって他人には頼めないんだもの。

炎症を緩和する軟膏を塗り、着替える。

PCを立ち上げてエンカルタでナンキンムシを

検索すると、確信を得た。間違いない、床虱だ。

旅の間でいつかは遭遇すると思われたナンキンムシ。

偶然にもY氏のリアルタイムな情報のおかげで

慌てることなく、むしろ楽しんで()対処できた。

本当に有り難うございました。

また、今まで持参薬のほとんどは活用されないまま

だったが、この機会に軟膏が大活躍してくれたので

わざわざ持って来た甲斐があったなぁと思う。

K先生、処方箋を有り難うございました。

振り返ってみると、2晩で両腕、両肩、腰、

両下腿から足部などにかけて広範囲に刺されていた。

痒みがなくなるのには4日間ほどかかったが、

ナンキンムシのリスクが少ないバリ島で、

気長に治そうと気楽に思えた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これぞ”旅”ですね。

初めまして。
今度の11月にバングラデシュを一人旅する者です。「地球の歩き方」の地図で地名を確認しながら、興味深く拝見しております。地元の人達と温かい交流を持ちながらの旅で、これぞ“旅”という感じで、憧れてしまいます。
ダッカではどこに泊ろうか迷っております。
お忙しいところ申し訳ないのですが、
このダッカで泊られたホテル名をお教え頂けないでしょうか。。。?
宜しくお願い致します。

バングラデシュ旅

初めまして、内田さん。
まさかバングラデシュ旅を計画中の方にご覧になられるとは。
恐縮です。

3年前は歩き方でバングラがなかったのもあり、
私は旅行人ウルトラガイドのバングラデシュと
ロンリープラネットを持って旅しました。
今年1月に再訪したときには歩き方も使いましたが。

私がダッカで泊まったことがある場所は2ヶ所あります。
(3年前に南京虫に刺された)
バングラ人のための商人宿のような安宿
たしかシングル1泊200~300タカくらい
Hotel Gannys International
住所35-36,Banglabanghu Av.
いかにもローカル感たっぷりです。
スタッフは英語があまり通じないかもしれません。


今年1月に友人と快適度を求めて泊まったホテル
Hotel Pacific
住所120/B, Motijheel Commercial Area

ここには外国人旅行客が滞在していました。
ツインで窓なしの部屋は2人で1200タカ
1階でWiFiが使えたり
共有のパソコンでネット可能


また、私は行ったことがないのですが
この安宿には日本人の情報ノートがあると聞きました。
Hotel Al-Razzaque International
29/1, North South Rd.(Nazira Bazar)


旅の予算や宿の質のこだわりなどで
人により泊まる場所は異なると思います。
なのでご参考までに。

バングラの宿ではゴキブリや南京虫などの出現確率は高いですから
お気をつけて。
あえてバングラ旅を選択するわけですから、
どうぞ楽しめますように☆

大変恐縮です

お忙しい中、こんなに丁寧にお教え頂き、ありがとうございます。
こちらこそ大変恐縮しております。

ガイドブックはその2冊を持っていかれたんですね。早速チェックしてみます。
日本人ノートがあるというそのホテルも是非チェックしてみます。

「快適度を求めて泊まったホテル」としてHotel Pacificに今年泊られたようですが、
こちらも南京虫はいましたでしょうか・・・?
バングラでバックパッカーする者として避けては通れないものだと思いますが、
ゴキブリや蚊はガマンできても、南京虫はちょっと初体験なのでどきどきしてしまいます。
寝袋を持っていかないとだめかなあとも思っております。

何度も恐縮です。
お時間のある時にお教え頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。