スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フエの王宮とベトナム人女性との出会い

 

2012年4月22日

昨日フエに到着したときは雨が降っていたが、
今日は
曇りのため歩き回るにはちょうど良かった。

 

 

フラッグタワー 台座を含めて29.52mあるそうだ。

 

 

 

王宮門(午門) 中央の門は皇帝の外出時にしか
使用されなかったという。

 

 

 

王宮の入場料は8万ドン(約4ドル)だった。

 

太和殿↓


皇帝の座る金箔の椅子と台座がある建物内部は
撮影禁止

 

 

 

ランタンが吊り下がった回廊

 

 

 

この廊下を通って

 

 

 

こんな庭園に着いた。ちょっとほっとするね。

延寿宮の庭部分にあたるようだ。

 

 

 

ここはザーロン帝の母親の住居であった建物

 

 

 

1人でぷらぷら王宮内を歩いて、

休憩がてら回廊にあるベンチに腰掛けていたら

突然あるベトナム人女性に声をかけられた。

彼女は英語が話せたので、日本人旅行者であるとか

一般的な会話をした後にある英語の紙を見せられた。

 

 

要はベトナムの赤十字と学生組織が爪楊枝を売り、

その収益で盲目の方と身体障害者の支援している。

どうかつまようじの購入にご協力を、というもの。

 

そのボランティアをしている彼女は
ハノイの医大を
卒業したばかりの27歳で、
専門は眼科であるという。

訊けば学生時代からこの活動に参加しているそうだ。

 

「んん、赤十字か。」ぱっと用紙を読まされた時は

何故か快く爪楊枝を買うことも寄付もできず、

「ごめんなさい、理解できるけど賛同できない」
と断る。

 

断ったからといって嫌な雰囲気を漂わすことなく

隣に座って会話を続ける彼女。

「あなたは日本人だけど英語が話せるのね。」
さらに

「これを読めない人のために和訳してくれる?」

 

「えええ?和訳・・・?できなくもないけど。」

以前同じ大学で知り合った日本からの留学生に

和訳してもらった紙も持っており、それを拝見する。

女子学生が訳したであろう、文字に文章。

分かるには分かるけど、ちょっと足りない感じ。

 

今後自分の和訳を多くの日本人に見せられるのか

と思うと、下手くそな字で適当な文章は残せない。

文章を頭の中で整理してから一字一字、書き残した。

ツアーで来るような人は英語ができなさそうだし、

年配の方が多いだろうから、文章に配慮して。

 

 

さらに彼女は片言の日本語は知っていたが

「このノートにローマ字と日本語で書いて」と。

 

なんて熱心で素晴らしい方なんだろう、と

リクエストされるがままにフレーズを書いてあげた。

 

 

最後に
「これで十分です。今夜あなたがフエにいるなら

 お茶でもご一緒したかった。」と言ってくれた。

 

 

 

少し寄付すれば良かったかな、としばらく考えたが、

「和訳して、日本語を教えてあげたことだけでも
 彼女は
満足そうだったしボランティアは
 お金だけじゃないよな・・・」

そう思いながら王宮を後にした。

 

バイクタクシーやシクロにはしょっちゅう声を
かけられて、
食事や買い物の度にぼられることが
あるのでベトナム人には
不愉快な思いをしてばかり。


いい人も確かにいる。
だけどイライラすることも多いから

ここフエの王宮でたまたま
思いやりのある現地人に出会えて本当に良かった。

 

 

 

ホイアンはいいね。

 

ダナンでの1泊後、ホイアンへやって来た。

「何でダナンに1泊したんだろう。

乗り換えてホイアンに来れば良かった。」

と思うほど古い町並みがいい感じ。

 

京都を歩いているような、とまではいかないけど

だいぶツーリスティックになってはいるものの

独特の古い町の趣があって、ほっとする。

 

 

 

1593年に日本人によって架けられたとされる

頑丈な屋根付きの来遠橋(日本橋)

 

 

 

あ、この町って世界遺産に登録されているのね。

そりゃあ人を惹きつける町なんでしょうな。

日本人の女子が「ベトナムが好き!」というのは

きっとココの町を訪れたから言うんじゃないかと

ふと思った。(フエもいいらしいけど。)

 

土産物屋が並んでいるし

 

 

 

洋服屋が多いし

 

 

 

ステキなカフェやレストランもあるし

 

 

華僑が移り住んだ面影を残す建物がいくつかあるが

町全体がちょうど歩ける規模なのもいいね。

 

 

 

ハノイの大使館に勤務している韓国人夫婦に

写真撮影を頼まれたので、撮ってあげた。

ハノイに住んでみてどうですか?との問いには

「ハノイはホーチミンみたいに「街」だし

時期により曇りが多いし、住み心地はあまりね。

ここホイアンはいい。サパも良かったですよ。」

とおっしゃっていた。

 

ふぅ~ん、海外に駐在といっても

聞こえはいいけど場所によりけりよね。

 

 

暗くなってからのホイアンはまたいい。

 

 

 

うーん、確かにホイアンはなかなかいい町だった!

でも日中暑いからあまり出歩きたくなかったけども。

観光客は多いように見えたけどこれでも少なく、

あまり暑くない911月がシーズンだそうだ。

 

 

 

最後にホイアン名物の紹介

「ホワイトローズ」 4万ドン(160)


米粉で作った皮にえびのすり身を詰めて蒸したもの

モチモチした皮にえびが入っていて、

ビールのおつまみにも良さそう。

 

 

ダナンで1泊、そして五行山へ

 

4月18日 同じ夜行バスに乗っていた男性が

タクシーで会社に向かうというのでついでだからと

ご好意で街の中心部まで乗せてってくれた。

 

ラッキー☆ありがとうございました!

 

ダナンの安宿はハン市場付近では1250000ドン、

12ドルのところしか見つけられず、暑い中

あまりうろうろ探すのも面倒なのでそこにした。

今までの宿代の2倍だから、エアコン・冷蔵庫ありで

シャワールームにはシャンプーとボディソープが

備え付けられていたし、とても快適なところだった。

Daisy Hotel  シングル通常300000ドン~

 

しかし「ダナンは1泊で出よう」と思い、

この日の午後に五行山へ行ってみる。

 

<交通手段について>

ダナン~ホイアン間の循環バスで往復したのだが

行きも帰りも外人である私は5万ドンを求められた。

車内で交渉し続けた末どうにか2万ドンで済んだ。

(地元人は78千ドンで乗っているんじゃないかと。)

 

 

「なんで外国人だからって地元民の3倍もの料金を

払わにゃなんないんだよ、ベトナム!」

と思いながら五行山近くでバスを降りて歩く。

 

 

入場料1万5千ドン払い、階段を登っていく。

 

どこからの眺めが素晴らしいのかよく分からず、

行けそうなところへ行ってみた。

 

 

 

 

 

洞窟の天井部分から差し込む光の加減では

ここはとても神秘的に見えるみたいだ。

 

 

この他に洞窟の中を通り抜けたり岩を登ったり。

(そういうルートが一部あったので)

 

そして汗だくになりながら着いた3箇所めの展望台

 

 

 

ここだねー、360度辺りを見渡せるのは

 

 

 

海辺にはビーチリゾートを建設中のところもあり、

建設音が絶えず聞こえてきた。このあたりは

この数年でがらりと変わりそうな感じがする。

 

 

 

五行山の参道入り口には石材屋が多かった。

 

 

 

これが一番笑えた。

ビーナスみたいな後ろのものとの対比がたまらん。

 

 

初めての寝台バスinベトナム

 

縦に長い国土をもつベトナム。

その長距離バス移動には「寝台バス」が存在する

と聞いていたので乗るのを非常に楽しみにしていた。

 

4月17日 バンメトート17時半発ダナン行き

MAILINH社のバス 外見はいたって普通のバス

 

 

 

乗車の際には車内で靴を脱ぐように言われ、

靴を入れるビニール袋も用意されていた。

 

 

 

コレこそが寝台バス!!! 

狭いドミ部屋とかカプセルホテルみたい()

 

 

 

枕と毛布も用意されていた。

 

 

 

フルフラットにはならなかったものの、

足を伸ばせるだけで随分快適度アップ。

「いいね~、寝台バス。

南米旅もコレに乗れたら楽だっただろうに。」

 

 

 

バスの最後尾はこんな感じで5列並んでいた。

親子とか親しい者同士ならいいけども、

他人だと距離が近過ぎるよね。

 

 

 

この夜行バスは夕食付きだというので

いつになったら食堂でご飯が食べられるんだろう

とおなかをすかせて待っていたら、21時過ぎに

休憩所である食堂に到着。

 

しかも乗客7~8人で1つのテーブルを囲み、

ご飯、汁物、煮魚、肉のおかず、野菜のおかずを

家族の食卓かのようにみんなで食べる方式だった。

 

ここでこの光景を写真に撮ると余計に目立って

ベトナム人にいじられたり注目を浴びかねない
と思い、
写真撮影は自粛。(ご想像にお任せ)

そうでなくてもバスで唯一の外人旅行者だったから

ちょっと視線やら感じていたのでね。

 

 

 

夜間のバス内の気温はさほど寒くなく、

毛布一枚あれば十分で良かった。

 

 

 

翌朝、もうすぐダナンへ着く頃に別のバスだかに

軽く追突されて後方のガラスにヒビが入った。

 

停車してとりあえずビニールテープでガラスが

飛び散らないように固定するドライバーと助手。

 

 

 

静かに作業していたし、手馴れている感じがしたけど

コレってよくあることなの?

 

 

度々反対車線に侵入して車両を追い抜く習慣がある

ベトナムだから、車両同士やバイクとの接触事故、

交通事故って多そうだね。

 

クラクションを鳴らさず、無理な追い越しをしない

運転マナーが良い国っていいよなぁ。

最近いたところではどこだっけか、思い出せん。

たぶんタイかな。

 

 

好きなスイーツ&ドリンク ベトナムの市場にて

 

市場では甘く煮た豆やココナッツミルクで炊いた

もち米を使ったチェーというスイーツを売っていて、

このように袋入りで何種類か売っている。

 

 

その場で食べられる場所もある。

これは緑豆のチェー 5000ドン(約20円)

 

 

 

これは白玉入りのチェー 5000ドン

大きな白玉の中には芋あんが入っていた。

 

 

 

砕いた氷と豆や白玉など数種入ったミックスのチェー

1万ドン

 

 

 

バナナをもち米で包んで焼き、
ココナッツミルクをかけたスイーツ 15000ドン

 

 

 

持ち帰りした豆腐花 5000ドン

 

 

 

 

タイにいた頃から可能であれば毎朝のように

パック入りの豆乳を飲んでいるが、

ベトナムではフレッシュな豆乳が飲めていい。

大体砂糖をスプーン1~2杯入れられるが、

注文すれば少なめや砂糖抜きも可能。

温かいものか冷たいものを選べる場所もある。

場所により1杯4000ドン~

 

 

 

緑豆の豆乳も美味しい。15000ドン

 

 

 

青汁にも挑戦してみたけれども砂糖入りで

青臭さはあまりなく、グビグビ飲めた。

1杯1万ドン

 

 

 

ベトナムはこういうものが手軽に買えるのは

いいんだけどね~。

知らぬ間に相当な量の砂糖を摂取してそうだ。

 

 

プロフィール

Chihiro

Author:Chihiro
約800日間の旅を終えてすぐ
2011年12月30日より今度は
ユーラシア大陸の旅へ。

家族や友人、多くの世話に
なった方々や、旅の間で
知り合った方々などへ

どこで何をしているのか、
安否確認のために立ち上げた
ブログです。

いつも温かく見守って下さり、
ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。